バブルに沸くPC市場、増税反動から即回復 Windows 7サポート終了直前で

バブルに沸くPC市場、増税反動から即回復 Windows 7サポート終了直前で
11月のノートPCの販売動向。10月の増税による反動からすぐさま回復し、販売台数シェアは前年を上回った
 全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、11月におけるノートPCの販売台数前年比は117.1%と2ケタ増を記録した。増税直後の10月は85.5%と前年を大きく割ったが、Windows 7サポート終了が直前に迫ったのを受け、1カ月で即回復。メーカー各社も大きく販売台数を伸ばしている。

 11月各週のメーカー別販売台数シェアでは、10月最終週でシェアを25%前後に戻したNECが堅調に推移。続く、富士通とレノボも安定した数値をキープしている。微増しているのはDynabook。3位のレノボに肉薄するポジションまで上げてきている。Windows搭載機の買い替えが促進されている状況もあり、アップルはややシェアを下げた。
 シリーズ別ランキングでは、NECの「LAVIE Note Standard NS600/NA」が首位に立った。唯一の2ケタシェア(10.3%)を獲得し、全体の中でも頭一つ抜けている。NEC以外ではDynabookの「dynabook T6」が3位と健闘している。12月は年末商戦、そして1カ月後に迫ったWindows 7サポート終了前の最後の駆け込みでさらに市場は活況となりそうだ。(BCN・大蔵 大輔)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

【関連記事】
ASUSがPC戦略を大転換! 最新VivoBookで15.6型市場でもシェア拡大へ
PC販売好調もタブレットのシェア拡大 iPadの進化でノートPCとの境界線が揺らぐ
PC代わりになるタブレット端末、増税後も3桁成長と爆売れ
消費増税がメーカーシェアに影響、ノートPC市場
16インチのMacBook Pro新モデルをレビュー! ビジネスやエンタメ鑑賞の質を高める新設計に注目

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「バブルに沸くPC市場、増税反動から即回復 Windows 7サポート終了直前で」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    サポート期限終了終了って馬鹿みたいに言われますが何ですか?まるで期日が過ぎればWin7が動かなくなるような印象を与えるのが目的ですか?失敗すればMEやVistaのように無かったことにするんですか?

    2
  • 匿名さん 通報

    7以外は信用してませんので。メカが壊れる訳でもないのに。私ゃ騙されませんので。

    1
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。