マスク価格が200倍に暴騰、転売禁止で品薄解消は進むか

マスク価格が200倍に暴騰、転売禁止で品薄解消は進むか
拡大する(全1枚)
マスク不足はいつまで続くのか……
 マスクが極端な品薄状態になり、価格が大幅に上昇している。新型コロナウイルス感染症の影響だ。マスクは医療機関でも不足し始めているといい、大きな問題になりつつある。5日、政府が打ち出した対策でマスク品薄は解消できるのか。

 2010年ごろ、東京のディスカウントストアで買った激安マスクは、50枚入り1箱が39円だった。不織布を使った一般的な使い捨てのサージカルマスクだ。この2月、ある通販サイトで販売していたマスクは、50枚入り1箱で3980円。別メーカーの全く違うものだが、ほぼ同じ不織布の製品だった。激安品と比べると実に100倍の高騰だ。3月、同じサイトで同じ製品の価格を調べたところ、8000円に値上げされていた。実に200倍の暴騰だ。通常ドラッグストアなどでは500円前後で販売していることを考えても、価格は実に8倍、16倍と跳ね上がっている。
 悪質なマスク販売業者もある。米国や英国、ドイツの通販サイトでマスクが購入できないか調べたところ、米国のあるサイトでは、製品価格自体は50枚入りが5ドル(米ドル、以下同)と通常どおり。しかし購入しようと手続きを進めると、送料が1000ドル(10万円あまり)と表示され、詐欺まがいの業者であることが分かった。
 花粉症が始まるこの時期、例年のマスク需要は月間4~5億枚。メーカー各社は需要期に合わせ、前もって増産して準備する。通常なら3月はすでに減産に入るタイミングだ。今年は各社フル操業で、週1億枚の供給を続けている。業界関係者は「明らかに需要は増えているが、極端な供給不足に陥るほどの状態ではないはず」と首をかしげる。転売目的の購入が需給バランスを崩している可能性が高い。安倍首相は3月5日、新型コロナウイルス感染症対策でのマスク不足について「転売を目的とした購入が品薄状態に拍車をかけている。国民生活安定緊急措置法を適用し、マスクの転売行為を禁止する」とし、近く具体策を打ち出すと表明した。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月8日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。