ドラレコ販売さらに悪化、自粛継続でGW商戦に打撃

ドラレコ販売さらに悪化、自粛継続でGW商戦に打撃
4月のドライブレコーダー販売台数シェア推移
 全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、4月のドライブレコーダー(ドラレコ)の販売台数は前年同月比58.6%となった。2月と3月も大幅減を記録していたが外出自粛が長引き、GW商戦に大きな打撃を与えた。

 メーカー別でも各社が販売を落としており、販売台数前年比はコムテックが62.1%、JVCケンウッドが67.4%、ユピテルが57.9%と急下降。週次の販売台数シェア推移では、4月後半にJVCケンウッドがコムテックを追い抜き、1月以来の月間首位に立った。
 機種別の販売台数シェアランキングでも、JVCケンウッド製品が上昇。「DRV-MR745」(7.6%)と「DRV-340」(7.3%)がツートップに躍り出た。コムテックは、定番製品「ZDR-015」が好調。ベストテン圏内でJVCケンウッドが5製品、コムテックが4製品を占めている。(BCN・大蔵 大輔)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
【関連記事】
外出自粛でドラレコの販売鈍化、新モデル登場でトップシェア争いが僅差に
急ブレーキのドラレコ市場、販売台数は前年比3割減
あおり運転対策や事故の記録に、3カメラ搭載したドラレコ「P3 pro」
ドンキからオービス対応の高性能ドラレコ、コスパ重視の2カメラモデルも
ドラレコ市場で半年ぶりにトップシェア逆転、コムテックを抜いたのは?

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月20日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。