くら寿司が初の「都心型店舗」オープンへ 非接触型サービス装備

記事まとめ

  • 「くら寿司」は都心型店舗を1月14日にプレオープン。
  • 「非接触型サービス」を標準装備し、営業時間は20時まで。
  • テイクアウトとデリバリーは20時以降も対応する。

くら寿司が初の「都心型店舗」オープンへ、テイクアウトとデリバリーは20時以降も対応

くら寿司が初の「都心型店舗」オープンへ、テイクアウトとデリバリーは20時以降も対応
くら寿司が初の「都心型店舗」オープンへ
       
 回転寿司チェーン「くら寿司」は、都心型店舗の第一号店となる「渋谷駅前店」「西新宿店」を1月14日にプレオープンする。なお、緊急事態宣言期間中の店内営業時間は20時までだが、テイクアウトとデリバリーについては時間延長して対応する。

 オープンする2店舗は「非接触型サービス」を標準装備し、テーブル上もコンパクトでスッキリさせた、くら寿司の新たなスタンダード店舗様式「スマートくらレストラン」を採用。メニューは都心部という土地柄、オフィスワーカー層の利用や、夕食時の利用を見込み、本店舗限定で大人向け商品「大人寿司」をレギュラー販売する。また、テイクアウトメニューの拡充やデリバリーにも対応する。
 オープンを記念して「えびサーモン寿司」と、スイーツブランドKURA ROYAL「トロピカルサンライズブルー」「トロピカルサンセットレッド」の3品も、両店舗のみ期間限定で販売する。
 今後は、「都心部」へ新たに6店舗(渋谷駅前店、西新宿店を含む)のオープンを予定。いずれの店舗も価格帯は一皿110円(税別)と通常店舗よりも高く設定する代わりに、都心部ならではの需要を満たす、商品やサービスを提供していく。
【関連記事】
コロナ退散にご利益!? くら寿司から「アマエビ」たっぷりの恵方巻「アマビエさん巻」
新型コロナで揺らいだ2020年、激動の1年を振り返る
くら寿司、非接触型サービス標準装備の新スタンダード店舗1号店として東村山店をオープン
くら寿司など対象店舗で楽天ポイントカード提示・楽天ペイ払いでポイント10倍
くら寿司で完全非接触、入店から退店まで店員とコンタクトレス

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。