持ち運べるアクリルパーテーション登場、工学院大学が開発・製品化

記事まとめ

  • 工学院大学の鈴木敏彦教授が携帯型アクリルパーティションを開発。
  • ATELIER OPAを通じて2月8日に発売しており、税別価格は6800円。
  • 訪問先や飲食店で卓上に設置することで、他者に配慮しつつ自身の身も守れる。
 工学院大学の鈴木敏彦教授(建築学部建築学科)は、“Withコロナの暮らしをデザインする”をテーマにした携帯型アクリルパーティション「ポータブルシールド」を開発し、ATELIER OPAを通じて2月8日に発売した。税別価格は6800円。

 鈴木教授は、開発にあたって学生が気軽に携帯できるよう、厚さ2mmのアクリル板を使用しており、訪問先や飲食店でパーティションが置いていないテーブルに通された際に卓上へ設置することで、他者に配慮しつつ自身の身も守れる。
 製本用リングで留められたアクリル板は、観音開きやジグザグに開くなど、状況に合わせて自由に設置可能で、三つ折りにして付属の専用バッグで持ち歩ける。
 開いたサイズは最大幅75×高さ45cm、閉じたサイズは幅25×高さ45cm。重さは740gとなる。
【関連記事】
キングジムから4種の衛生管理グッズ、マスクケースやパーティションなど
個室になる持ち運び対応の室内用テント、ナガオカトレーディングの「M302T」
「モバイルパーティション」でソーシャルディスタンス、楽に持ち運べてすぐに使える
オフィス使える飛沫防止用アクリルパネル、ナカバヤシ
テレワークに適したフェルト三面パーティション、サンワサプライから

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク