【対談連載】【対談連載】ノバレーゼ 代表取締役社長 荻野洋基

【東京・銀座発】荻野さんは小学校から高校までひたすら野球に打ち込み、進学時の入試も野球推薦だったため、「初めて勉強した」のは高卒後に一般入試で大学を目指したときだったという。そういうキャリアを歩む人がいることは承知している。でも、そこで野球だけの世界から離れて勉強しなおすことができる人は、それほどいないのではないか。その稀有な存在である荻野さんは、野球を通じて得た経験を経営に生かした。そのキーワードは、ずばり「人」だった。
(本紙主幹・奥田喜久男)

●「何をしたいか」よりも「誰と働きたいか」が決め手に
 荻野さんは入社13年目、36歳の若さで、結婚式場を全国展開するノバレーゼの経営を創業社長から引き継がれたとのことですが、まず、このブライダル業界に飛び込んだ動機からお話しいただけますか。
 実は、もともとブライダル業界に興味はありませんでした。というか、就職して何をやりたいということがなかったんですね。「何をやりたい」よりも「誰と働くか」が重要だと思っていたんです。
 ほう、仕事の内容よりも人だと。それはどんな経験に基づいているのですか。
 私は、小さな頃から野球に打ち込んできました。目標はかないませんでしたが、高校時代は本気で甲子園を目指していたんです。チームスポーツである野球を続けていくなかで、指導者、仲間、家族など、周囲の人たちあっての自分だと思っていたことが大きいですね。
 だから会社をチームに見立てて、一緒に働く人が重要だと考えたわけですね。でも、就職活動のときは、そのほかにもいろいろな要素を考えますよね。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク