【福島県「地名」ケンミン性】湿地帯「フケ島」から福島へ! 「会津」は将軍たちの「出会い」の由来《47都道府県「地名の謎」》

【福島県「地名」ケンミン性】湿地帯「フケ島」から福島へ! 「会津」は将軍たちの「出会い」の由来《47都道府県「地名の謎」》
       

 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️
 本日はみなさんとともに福島県「地名」の旅です。



■縁起の良い名前に転訛

一切経山からの五色沼" />



《福島県の由来》地名由来のフケを福に

 天正18年(1590年)より会津を治めていた蒲生氏郷の客将である木村吉清は、文禄元年(1592年)、信夫郡(現在の福島市)5万石の領地を与えられる。このとき居城とした杉目城の名を「福島城」と改めたことが地名の由来。改名の理由は定かではないが、湿地帯を意味する「フケ」が由来という説も。阿武隈川に近接し、周辺には「フケ島」ともいうべき地形が形成されていたことから、縁起のよい「福島」に変えたと推察される。



《地名の由来》

◉会津(あいづ)将軍たちが出会った地



 崇神(すじん)天皇の時代、北陸道を平定するために下向した大毘古命(おおびこのみこと)と、東海道を経て派遣された建沼河別命(たけぬなかわけのみこと)の親子が、この地で出会ったことに由来。古くは「相津」と書かれていたが、のちに「会津」へと変化したといわれている。





◉喜多方(きたかた)会津の北にあったから

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月21日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。