【栃木「地名」ケンミン性】トチノキ繁茂説、を筆頭に十千木説など起源は多数《47都道府県「地名の謎」》

【栃木「地名」ケンミン性】トチノキ繁茂説、を筆頭に十千木説など起源は多数《47都道府県「地名の謎」》
       

 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️



■歴史と伝説の融合

《栃木県の由来》トチノキ説を筆頭に起源は多数



 地名の語源には、いくつかの説がある。トチノキが多く茂っていたことが転訛して「トチギ」になったという説。
 また神明宮という神社の社殿の屋根にある千木(ちぎ)が10本に見えたことから、周辺を「十千木(とおちぎ)」と呼ぶようになったという説。
 さらに千切れた(浸食された)地形の動詞「チギ(る)」に、接頭語の「ト」がついたという説など。
 また、古くは「橡木」と書いたが、近世になり日本でできた国字の「栃」を用いるようになった。



《地名の由来》◉宇都宮(うつのみや):「いちのみや」が転訛 二荒山神社の別称「宇都宮」に由来。
 かつて「一宮(いちのみや)」と呼ばれていたものが転訛したとする説のほか、「内宮」「討つの宮」など諸説ある。
 また、日光から「遷し祀った」ことが由来という説も存在する。◉喜連川(きつれがわ):荒川と狐に関連あり

 荒川を「狐川」と呼んだという説のほか、上流のケヤキの大木に九尾の狐が住み着き、この地域を「狐川」と呼んだという説。
 荒川と内川が「来て連なる」(ひとつに合わさる)ところから「来連川」となったという説がある。


当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。