【信長「桶狭間」って⁉️ 地名ケンミン性】愛知県は「知を愛する」でなく『万葉集』の「あゆち」から由来《47都道府県「地名の謎」》

【信長「桶狭間」って⁉️ 地名ケンミン性】愛知県は「知を愛する」でなく『万葉集』の「あゆち」から由来《47都道府県「地名の謎」》
       

 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️
 今日はみなさんとともに名古屋、信長、トヨタ、そう日本のリーダー輩出する東海地方の雄、愛知県の「地名」の旅です。



■「知を愛する」ではない

【信長「桶狭間」って⁉️ 地名ケンミン性】愛知県は「知を愛する」...の画像はこちら >>



《愛知県の由来》海辺に吹く風か湧き出る水か



「愛知」の本来の意味は「知を愛する」ではなく、『万葉集』巻三に残る、飛鳥時代の歌人・高市黒人の歌に詠まれている「年魚市潟(あゆちがた)」の「あゆち」が「あいち」の地名に転じたとされる。



 ここでいう「あゆち」とは「 東風(あゆ)」のことで、海辺に東風が吹いていたことから命名された。ほかにも、「湧き出る(水)」を意味する古語「あゆち」が由来という説も有力だ。古くは「愛智」の文字が当てられていたが、ほかにも「吾輪市」「鮎市」「阿伊知」などと表記されていた。





《地名の由来》



◉犬山(いぬやま)方角が地名として定着

 大荒田命(おおあらたのみこと)を祭神とする大縣(おおあがた)神社から見て、その王女の玉姫命(たまひめのみこと)を祭神とする針綱(はりつな)神社は「戌亥(いぬい)」の方角にあったことから「いぬ山」となったという説。
 犬を用いて狩りをするのに適地であった、という説もある。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。