【広島県:神話と戦国と地形】毛利輝元と神功皇后、築城した地形が広い島だった!《47都道府県「地名の謎」》

【広島県:神話と戦国と地形】毛利輝元と神功皇后、築城した地形が広い島だった!《47都道府県「地名の謎」》
       

 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️
 本日はみなさんとともに広島県「地名」の謎に迫ります。



■毛利氏との関わりが深い

三次の方言で「いらっしゃい」を意味する「三次きんさい祭り」は7月末開催。" />



《広島県の由来》



築城した地形が広い島だった

 この地を「広島」と名づけたのは毛利輝元で、広島城築城の鍬入れのときに命名したとされる。
 地名の由来で最も有力なのは、地形にちなんだ説。



 広島市は太田川河口域の三角州にあるため、築城の場所がデルタの中の「広い島」だったことが由来という説だ。



 もうひとつの有力説は、毛利家の祖先である大江広元から「広」の字、この地の豪族で築城に大きくかかわった福島元長の「島」の字を組み合わせた、人名に由来するとの説である。





《地名の由来》◉厳島(いつくしま)神の棲む神聖な島

 島そのものが神の棲む神聖な場所であることから、「心身の汚れを去り神に仕える」という意味の「斎(いつ)く」という言葉に由来。



 また、厳島神社の縁起によれば、ご祭神の「市杵島姫(いちきしまひめ)」の名に由来する。





◉己斐(こい)「鯉」を二字で表記

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。