「原爆、終戦、独裁者ヒトラー最期の40時間の安息」1945(昭和20)年 【連載:死の百年史1921-2020】第1回 (宝泉薫)

「原爆、終戦、独裁者ヒトラー最期の40時間の安息」1945(昭和20)年 【連載:死の百年史1921-2020】第1回 (宝泉薫)

 死のかたちから見えてくる人間と社会の実相。1921(大正10)年から2020(令和2年)までの日本と世界を、さまざまな命の終わり方を通して浮き彫りにする。作家・宝泉薫が「人と時代の死相」を見つめた連載「死の百年史 1921-2020」がスタート。第1回は「原爆、終戦、独裁者ヒトラー最期の40時間の安息」にフォーカスした1945(昭和20)年だ。





 菅内閣発足後の国会で争点になったのが、学術会議任命問題だ。これが争点というのも、いかにものどかでしょぼい話だが、それを何より実感させたのが、日本学術会議の会員に任命されなかった教授のひとりから出たというこの発言である。



「ナチスのヒトラーでさえも全権を掌握するには特別の法律を必要としましたが、菅総理大臣は現行憲法を読み替えて自分がヒトラーのような独裁者になろうとしているのか」



 これと似た発言は米山隆一や金平茂紀といった反権力気取りの論客からも出た。あたかも、菅はヒトラー(自民党はナチス)的な批判の合唱である。といっても、現実認識や歴史認識からズレまくった音痴の合唱なので、騒音でしかない。こういう批判がやりたければ、せめて北朝鮮や中国に行くべきだろう。



 かと思えば、NHKの朝ドラ「エール」における第二次世界大戦の描き方が賛否両論を呼んだ。作曲家の主人公を戦地に行かせ、恩師がまさに戦死するところを目撃させるという過激な展開により、主人公の人生は劇的に変化する。それまで戦争に協力的だった主人公は、これを機に、深く落ち込み、命の大切さに目覚め、スランプを乗り越えて平和への祈りを奏でるようになるのだ。


当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。