不穏な時代の「読書」こそ人間を精神から鍛えなおしてくれる。【福田和也の読書論】

不穏な時代の「読書」こそ人間を精神から鍛えなおしてくれる。【福田和也の読書論】
拡大する(全2枚)

いま日本人の多くが、社会や国、そして人間関係や自分の将来に、大きな不安と絶望を感じているのではないか。インターネットの進化はもとより、新型コロナのパンデミックがその不安を加速させたのは言うまでもない。



なぜ福田和也はかくも正確に不穏な令和を予言しえたのか。



安定した幻想から醒めきった時に、いかにして日本人は自分の頭と足で生き延びることができるかを、福田は絶えずメッセージとして送りつづけてきた。



待望の初選集『福田和也コレクション1:本を読む、乱世を生きる』の刊行が迫る今、珠玉の読書論を通して、“不穏な時代を生きる感性と才覚の磨き方”を語る。



不穏な時代の「読書」こそ人間を精神から鍛えなおしてくれる...の画像はこちら >>
■なぜ人は本を読むのか



 なぜ本を読むのか。



 そうした疑問を、あなたは感じたことがあるだろうか。



 もしも感じたことがあり、そのことについて考えたことがあるのなら、それだけで君の人生は何ほどかのものだ。身近なことについて、根本的に考えるということはなかなか難しいものだし、さらに自分なりの答を得るのは大変に難しい。



 だが、大部分の人間は、私もそうだけれども、そういった問いを持つことなく、書店で本を手に取り、頁に視線を走らせ、そして読み終わるなり飽きるなりすれば、放りだしてしまう。本とのつきあいのなかで、強い印象を受けたり、考えさせられたりはする。その印象がきわめて強いものならば、いつまでも記憶に残っていたり、人に印象を伝えたくなる。そうでなければ、何となく面白かったとか、悲しかったといった感触だけが残って、じきに忘れてしまう。ほとんどの人にとって読書とはそういう経験だろう。楽しみ、暇つぶし、あるいは多少の教養と情報収集のために、書物を手に入れ、頁を繰る。

この記事の画像

「不穏な時代の「読書」こそ人間を精神から鍛えなおしてくれる。【福田和也の読書論】」の画像1 「不穏な時代の「読書」こそ人間を精神から鍛えなおしてくれる。【福田和也の読書論】」の画像2

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。