失敗のススメ いま、日本に必要なこと【『一個人』連載「両極化の時代」&「創造への信念」スペシャル対談】

失敗のススメ いま、日本に必要なこと【『一個人』連載「両極化の時代」&「創造への信念」スペシャル対談】
拡大する(全4枚)

 先例なき、正解なき問いを生み続ける複雑化した社会に対し、私たちは一個人としてどう向き合い、知性を働かせるべきか。
 本誌連載「両極化の時代」の著者・松江英夫氏と、パブリック・リレーションズの第一人者である井之上喬氏をお迎えし、矛盾した価値観が錯綜し対立する世界で、確かな倫理観に基づいた言葉を発信することの意義を踏まえ、日本社会のあるべき未来図を議論します。





■両極化とは本当に必要なものだけが残ること

松江  最近、時代的に両極のものが同時に発生する時代になってきたと思
っているのです。グローバル化が進むと同時に保護主義的な自国優先が台頭(
たいとう)したり、デジタル化が進みGAFA(グーグル・アマゾン・フェイスブック・アップル)のような一元的なプレイヤーが活躍したりする一方、セキュリティやプライバシーを守らねばならないという力も強くなる。私は一見相反(そうはん)する事象や価値観が衝突しながら互(たが)いにその勢いを増幅(ぞうふく)させる現象を両極化と呼んでいる【注①】のですが、このコロナ禍で両極化がいっそう加速したと思うのです。よく不要不急を避さけると言われてますが、言い換えれば、本当に必要なものだけが残ることとなるでしょう。そうした現
象がより強くなったと思うのです。相反するものであるが、人間にとって必
要なものがより浮かびあってきた流れを両極化の時代と捉(とら)えています。





【注①】両極化とは何か
両極化とは、「一見相反している事象や価値観が衝突しながらも互いにその勢いを増幅させる」現象。これは❶グローバル化❷デジタル化❸ソーシャル化という文脈のなかでより加速する。例えば、グローバルとローカル、リアルとバーチャル、経済価値と社会価値など相反する両極と向き合わざる得ない現在を「両極化の時代」とろらえる。両極的なものを分断させず、多様なステーク・ホルダー(利害関係者)と「つながり」をもって新たな課題解決を実践することが目指すべき道筋となる。


この記事の画像

「失敗のススメ いま、日本に必要なこと【『一個人』連載「両極化の時代」&「創造への信念」スペシャル対談】」の画像1 「失敗のススメ いま、日本に必要なこと【『一個人』連載「両極化の時代」&「創造への信念」スペシャル対談】」の画像2 「失敗のススメ いま、日本に必要なこと【『一個人』連載「両極化の時代」&「創造への信念」スペシャル対談】」の画像3 「失敗のススメ いま、日本に必要なこと【『一個人』連載「両極化の時代」&「創造への信念」スペシャル対談】」の画像4

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク