SNSを賢く使い、「自分ブランディング」のツールにする!【角田陽一郎×加藤昌治】

SNSを賢く使い、「自分ブランディング」のツールにする!【角田陽一郎×加藤昌治】
拡大する(全1枚)

現代社会に生きる私たちにとって、もはや必須のツールとも言える「SNS」。コミュニケーションがとれる便利さの半面、更新や返信に追われて疲れてしまったり、炎上に巻き込まれるリスクもある両刃の剣とも言える。本記事では、「SNSがあるからプロデューサーの仕事がやれている」と断言するバラエティプロデューサー角田陽一郎と、大ロングセラー『考具』の著者である加藤昌治。新刊『仕事人生あんちょこ辞典———50歳の誤算で見えた「ブレイクスルーの裏技45」』の著者二人が、「SNSを「自分ブランディング」のツールとして賢く使うテクニックをお届けする。



SNSを賢く使い、「自分ブランディング」のツールにする!【角...の画像はこちら >>





■コミュニケーションの面積視点でSNSを見ると



加藤:私論なんですけど、何でSNSに疲れるかと云うと、いっぱい返さなきゃいけないからだと思うんです。で、疲れないために、「コミュニケーションの面積」で考えたほうが好いと思ってるんだよね。





角田:なるほど。





加藤:一回一回がへなちょこだと回数をこなさないといけなくて、面積が増えないから回数が要る。だけど、すごく濃いコミュニケーションが一回あったら、別に一回でいいんじゃないかな。





角田:それ、僕でいうと「すごく濃い」っていうのが「リアルで会うこと」なのかなと思う。「SNSやるより、会って飯行きましょうよ」みたいな話でもいいってことだよね。





加藤:直接しゃべってるかどうかは別として、一緒に居る時間が長いと、なんとなくそこに共有してる感じが生まれてくるわけじゃない。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「仕事」に関する記事

「仕事」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「仕事」の記事

次に読みたい「仕事」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク