スウェーデン方式はどうなったのか? 絶賛した論者の恥ずかしい姿【篁五郎】

スウェーデン方式はどうなったのか? 絶賛した論者の恥ずかしい姿【篁五郎】
拡大する(全1枚)

 10月1日に緊急事態宣言も解除され、少しずつ日常を取り戻している。新規感染者数も下がり続け、10月4日には87人と11ヶ月ぶりの二桁を記録しており、ワクチン接種も全国民の6割が2回終えており、収束に向かっているように見える。



 しかし、専門家の間では感染者数が減った原因が明らかになっていないので慎重を期す声もまだ大きい。大阪大学の宮坂昌之名誉教授は自身のFacebookで「イスラエルは6月に規制を解除したら再びクラスターが発生し、2回ワクチン接種を終えた人もブレイクスルー感染した」といい、「ワクチン接種をしたからといって鉄の鎧を着たようにはならず、厚手のレインコートあるいはトレンチコートを着たぐらいと思う方が良い。豪雨ならば濡れてしまう」と例え、ワクチン接種をしても社会の中の感染者の数を増やさないことが大切だと説いている。



 一方で、半自粛を訴えてきた論者は緊急事態宣言が解除されたことを理由に自分たちの主張が正しかったかのような論調を繰り広げている。京都大学大学院藤井聡教授は自らのFacebookで「「コロナゼロ」戦略断念 デルタ株封じ込めできず」という見出しの記事をシェアし、





《ゼロコロナ戦略を徹底採用していたニュージーランドの首相がゼロコロナ断念を宣言. コロナ徹底封じ込めの激烈主張者でも納得せざるを得ない貴重な経験ではないかと思います. 一部の方々の主張通り新型コロナとの共存戦略以外に合理的選択肢は無いのだろうと改めて感じます.》

編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク