江戸時代の“健康インフルエンサー”貝原益軒の教え

江戸時代の“健康インフルエンサー”貝原益軒の教え
「日本人の体質」を科学的に説き、「正しい健康法」を提唱している奥田昌子医師。彼女の著書は刊行されるや常にベストセラーとなり、いま最も注目されている内科医にして作家である。「日本人はこれまで一体どんな病気になり、何を食べてきたか」「長寿を実現するにはどんな食事が大事なのか」日本人誕生から今日までの「食と生活」の歴史を振り返り、日本人に合った正しい健康食の奥義を解き明かす、著者渾身の大河連載がスタート! 日本人を長寿にした、壮大な「食と健康」の大河ロマンをご堪能あれ。■健康の鍵は食養生

 江戸時代なかばに江戸の人口は100万人に達しました。この時代としては世界一の大都市です。社会が安定し、生活に余裕が生まれたことで人々の関心は健康長寿に向かいました。とくに重視されたのが食養生です。

 幕府の方針もこれと同じで、8代将軍吉宗は、生活の苦しい庶民も医師による治療を受けられるよう、療養所を開設し、食事管理に力を入れました。

 この時代の庶民は一日三食で、お米をしっかり食べ、朝食には味噌汁、昼食には野菜の煮物や魚を添え、夕食は漬け物をおかずに、お茶漬けを食べていたようです。

 幕末にあたる1850年代に、江戸っ子に人気の倹約おかずを相撲の番付風に並べた『日々徳用倹約料理角力取組』というランキングが出ています。これを見ると、漬け物は、たくあん、ぬか漬け、梅干し、らっきょうなど。そして定番のおかずが煮豆腐、いわしのめざし、貝のむき身を切り干し大根と炊いたもの、芝エビのから煎り、きんぴらゴボウ、煮豆などでした。ご飯によく合い、お袋の味として現代でも広く食べられているものばかりです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

BestTimesの記事をもっと見る 2019年3月13日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。