超人気アニメ「リゼロ」のスバルみたいな「脳内キング」はゲーム(異世界)だけが居場所だった……

超人気アニメ「リゼロ」のスバルみたいな「脳内キング」はゲーム(異世界)だけが居場所だった……
写真・図表:BEST T!MES
みんなと同じ「フツー」のことができない、など「負の側面」ばかりに注目される発達障害。
でも、それは見方を変えれば、ある特定の才能が飛び抜けて「発達」しているとも言える現象であり、決して病気ではない。
『今ひきこもりの君へおくる踏み出す勇気』の著者、吉濱ツトム氏が「個人セッション」で出会ったひきこもりの実例をここに送る。
今回は、「オンラインゲーム」という異世界から戻って来れなくなった男性のお話。
ただ、その「異世界リア充」で人生を取り戻した超人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』のスバルのように「ゲーム」では信じられないほど活躍する男性が、なぜ「実人生」というゲームでは失敗するのか……。〝脳内キング〟が炸裂、承認欲求が強すぎてゲーム依存症に
(男性35歳/ひきこもり歴10年)

 Fさんは誰もが知る一流大学の出身。プライドが高く、異常なまでの自信は持っているのですが、一方で友人を作れないというコンプレックスをひそかに持っていました。幼少の頃から他人との交流が苦手で、たまにしゃべる機会があっても、人の話をさえぎり、「要するにこういうことでしょ」と話を強制終了。Fさんの口癖は「要するに」、「つまり」、「結局は」などの言葉が多く、自分の考えていることこそが最もすばらしいと思い込む〝脳内キング君〟だったのです。
 大学卒業後は大手企業への就職を希望していましたが、それはかなわず中堅どころの一般企業に入社。
 社会人になってからもコミュニケーションは苦手、相変わらずプライドだけは高い。通常の会話は成り立たず、一方的に自分の知識をひけらかすだけ。周囲からは、一見おとなしそうなのにしゃべり出したら止まらなくなるという、奇妙なキャラクターと見られていました。
 〝脳内キング君〟で〝上から目線〟のFさんは、上司・先輩・同僚の自分への評価が低すぎると感じ、あっさりと退社してしまいます。
 自分という〝この僕〟を正当に評価してくれる会社が他にあると思ったからです。
 しかし、その後は転々と職場を変えていくだけでした。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。