縄文人の寿命 実は長かった!現代人も参考になる縄文人の食生活 ~日本人の暮らしぶりと食の歴史~

健康に良いイメージのある和食も、はじめから健康に良かったわけではないのです。日本人は自分たちの体で効果を確かめながら、長い歳月をかけて和食をより良いものにしてきました。体と食のかかわり合いの歴史を調べることで、私たちは多くのことを学べるはずです。(『日本人の病気と食の歴史』奥田 昌子著 より引用 ■海と山の恵みを生かす知恵
縄文人の寿命 実は長かった!現代人も参考になる縄文人の食生活 ~日本人の暮らしぶりと食の歴史~

 縄文時代の日本人は、植物の次に多く食べていたのが魚です。銛もりと釣り針を使って、近海魚を中心に、ブリ、サバ、イワシ、スズキに鯛、ヒラメ、さらにはフグまで獲っていました。ということは、どうすれば安全にフグを食べられるか知っていたことになります。

 銛と釣り針は精巧に作られていて、しくみは現代のものとほとんど変わらなかったようです。イカやウニも食べていました。

 同じころ、大陸では食用の牛、豚、アヒルなどの飼育がすでに始まっていました。この習慣が日本で広がらなかったのは、太平洋側でも日本海側でも寒流と暖流がぶつかり合い、漁業資源が豊富だったからでしょう。わざわざ動物を育てて肉を食べる必要がなかったのです。

 三内丸山遺跡から出土した縄文人の食料の形跡のなかには、クルミの殻、鴨の骨に、鯛やサメの骨もあります。サメを食べていたとは驚きですが、じつは淡白でおいしく、現代ではサメを使ったはんぺんは高級品として知られています。魚の次に多く食べていたのが猪や鹿などの獣肉で、弓矢を使って、ときには鯨、北日本ではトドやアザラシ、オットセイも獲っていました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

BestTimesの記事をもっと見る 2019年11月14日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。