アフリカの流行病 “マラリア”が実は奈良時代の日本では珍しくなかった

アフリカの流行病 “マラリア”が実は奈良時代の日本では珍しくなかった
拡大する(全3枚)
写真・図表:BEST T!MES
現代では、アフリカの流行り病としての印象が強い「マラリア」。実は奈良時代の日本で猛威をふるったことがあった。(『日本人の病気と食の歴史』奥田 昌子著 より引用)■日本でも珍しくなかったマラリア
アフリカの流行病 “マラリア”が実は奈良時代の日本では珍しく...の画像はこちら >>

 中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と中臣鎌足(なかとみのかまたり)らは、蘇我氏の本流を645年に打倒すると大化の改新を押し進め、古代日本は大宝律令(たいほうりつりょう)を柱とする法治国家に生まれ変わります。

 701年に完成した大宝律令には、医疾令という医療制度が盛り込まれていました。国として医師を養成し、全国に配置しようという画期的な制度でしたが、興味深いのは医師の専門分野です。

 内科、外科、小児科、耳鼻科、眼科は当時もありました。これに加えて鍼灸(しんきゅう)と按摩(あんま)、このあたりはわかるとして、もう一つ、「呪術」があったのです。朝廷の役人を治療する医師は10人と定められており、そのうち2人が呪術の専門医でした。

 海外との交流が盛んになるにつれ、大陸の唐や新羅への遣唐使、遣新羅使(けんしらぎし)の一行が疫病を持ち帰ることが増えました。奈良時代を中心とする100年間に疫病は約40回発生したとされ、735年に始まった天然痘の流行も、大陸からの人の移動にともなうものと考えられています。このときは、中臣鎌足あらため藤原鎌足の子、藤原不比等(ふひと)と、その4人の息子が相次いで天然痘で死亡しました。


この記事の画像

「アフリカの流行病 “マラリア”が実は奈良時代の日本では珍しくなかった」の画像1 「アフリカの流行病 “マラリア”が実は奈良時代の日本では珍しくなかった」の画像2 「アフリカの流行病 “マラリア”が実は奈良時代の日本では珍しくなかった」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク