【東大と闇金とGHQ】日本マクドナルド創業者が出会った“ユダヤ人軍曹”と“山崎”という男 ~起業家・藤田田 誕生前夜②~
拡大する(全4枚)
写真・図表:BEST T!MES
「日本マクドナルド」の創業者であり、シリーズ累計102万部『ユダヤの商法』の著者でもある藤田田がいかにして不世出の起業家となったのかに迫る連載の第2回。ユダヤの商法に開眼した東大法学部時代に出会い、藤田にして変わった発想を持っていたという男とは……。
【東大と闇金とGHQ】日本マクドナルド創業者が出会った“ユダ...の画像はこちら >>
■東大法学部で唯一、藤田が認めた男

 藤田がなぜこれほどまでに定期預金にこだわったのか。筆者はそれは高利貸し「光クラブ」の山崎晃嗣との出会いにあったと思う。

 山崎は1923年(大正12年)10月、千葉県木更津市生まれ。父は医師で木更津市長も務めた。旧制・木更津中学から一高を経て1942年に東京帝国大学法学部に入学。1943年に学徒出陣が始まるが、山崎は陸軍経理学校で学び、陸軍主計少尉に任官。北海道旭川市の部隊に所属した。上官の陰惨ないじめに遭い、一高時代の同級生を亡くした。

 また糧末(りょうまつ・兵士と軍馬の食糧)委員として終戦時、上官の命令で食料隠匿に関与。密告され横領罪で1945年12月に逮捕されるが、上官をかばって、懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を受けた。1946年2月まで札幌拘置所で過ごした。

 山崎は自著『私は偽悪者』に、「人間の性は、本来傲慢、卑劣、邪悪、矛盾である故、私は人間を根本的に信用しない」と書いている。山崎は戦争という時代、軍隊・組織に対して“激しい怒り”を持った。

 1946年4月、東大法学部に復学。全「優」を目指して猛勉強し、20科目中、「優」17、「良」3の好成績を残した。だが、戦後のハイパーインフレ時代、母から託された10万円(現在の約1500万円)の大金を株で運用したがうまくいかなかった。そんな時、新聞で中野区の闇金融の財務協会が「毎月配当2割」を掲げているのを見て全額出資した。だがそっくりそのまま騙し取られてしまった。山崎はこれを引き金に、そこの事務員と組んで高利貸しを始めることにした。


この記事の画像

「【東大と闇金とGHQ】日本マクドナルド創業者が出会った“ユダヤ人軍曹”と“山崎”という男 ~起業家・藤田田 誕生前夜②~」の画像1 「【東大と闇金とGHQ】日本マクドナルド創業者が出会った“ユダヤ人軍曹”と“山崎”という男 ~起業家・藤田田 誕生前夜②~」の画像2 「【東大と闇金とGHQ】日本マクドナルド創業者が出会った“ユダヤ人軍曹”と“山崎”という男 ~起業家・藤田田 誕生前夜②~」の画像3 「【東大と闇金とGHQ】日本マクドナルド創業者が出会った“ユダヤ人軍曹”と“山崎”という男 ~起業家・藤田田 誕生前夜②~」の画像4