虐待を生き延びるだけでは十分ではない。「虐待サバイバー文学」が教えること

虐待を生き延びるだけでは十分ではない。「虐待サバイバー文学」が教えること
拡大する(全5枚)
写真・図表:BEST T!MES
元祖リバータリアンであるアイン・ランド研究の日本の第一人者として知られる藤森かよこ氏(福山市立大学名誉教授)が上梓した『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』(KKベストセラーズ)が女性エッセイの売れ筋ランキングで1位を獲得している。とくに子育て世代である35歳から45歳の女性の支持が厚い。そこで、報道される日がないと言っていいくらいに起きている親による子ども虐待事件。当世隆盛を極める「虐待サバイバー文学」を通して、子ども虐待事件の本質について斬り込む。■子ども虐待通告数は増加中
虐待を生き延びるだけでは十分ではない。「虐待サバイバー文学」...の画像はこちら >>

 2020年2月6日日本経済新聞夕刊によると、全国の警察が摘発した18歳未満の子どもに対する虐待事件は1957件であった。前年比で577件増加した。虐待の疑いがあるとして児童相談所に通告された18歳未満の子どもの数は9万7842人。前年比で1万7590人増えた。

 虐待事件の内訳は、暴力による身体的虐待1629件。性的虐待243件。ネグレクトは35件。通告児童数は過去5年間で約2.6倍増加している。

 

 子ども虐待事件が過去最多であること自体は、必ずしも問題ではない。家庭という一種の閉鎖空間で起きることであるので潜在化しやすい子ども虐待問題が、外部の目にさらされることが増えたからこそ、通告数も増えている。それは、よいことなのだ。

 家庭の中でならば何をしてもいいとか、家族相手だから何をしてもいいとか、自分の子どもだから何をしてもいいと思う類の動物以下の人々に対して、社会の目があるということを知らしめることは、ある程度有効な抑止にはなる。


この記事の画像

「虐待を生き延びるだけでは十分ではない。「虐待サバイバー文学」が教えること」の画像1 「虐待を生き延びるだけでは十分ではない。「虐待サバイバー文学」が教えること」の画像2 「虐待を生き延びるだけでは十分ではない。「虐待サバイバー文学」が教えること」の画像3 「虐待を生き延びるだけでは十分ではない。「虐待サバイバー文学」が教えること」の画像4
「虐待を生き延びるだけでは十分ではない。「虐待サバイバー文学」が教えること」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク