稲田朋美防衛大臣の辞意。いまあらためて考えたい「国防」のあるべき姿

辞意を表明した稲田朋美防衛大臣。マスメディアでは連日安倍政権批判は繰り広げられているが、問題の本質をここであらためて問いたい。昨今、自衛隊、そして国防というものが軽んじられている気がしてならない。元エース潜水艦艦長、中村秀樹氏が著書『日本の軍事力 自衛隊の本当の実力』より、次のように問題点を指摘する。素人の背広組が首をつっこむ自衛隊
稲田朋美防衛大臣の辞意。いまあらためて考えたい「国防」のあるべき姿
 

 自衛隊の部隊は組織編制上、防衛大臣の指揮下にあります。事務次官の指揮下にあるわけではありません。防衛大臣は内閣の一員だから、その上の総理大臣が自衛隊の最高指揮官ということになっています。もちろん総理大臣も防衛大臣も部隊指揮能力はないから、統合幕僚長がそれを補佐します。さらに、統合幕僚長ひとりだけで補佐はできないから、その下に幕僚監部という組織があります。指揮官とそれを補佐する幕僚、そして幕僚を支える組織という体制は、古今東西、どこでも似たようなものです。もし、軍事専門家の助言を無視して、自分の直感に頼る政治指導者が強権を発動すれば、ヒトラーの二の舞ということになるでしょう。

 しかし日本の場合、おかしなことに、軍事専門家である統合幕僚長が直接補佐すべき部隊指揮さえ、内局が関与します。高度の専門性が要求される部隊運用や指揮に、素人の背広組(=内局)が首をつっこむのです。

 軍事組織の指揮系統は、単純で迅速でなければなりません。極言すれば、衆智を集めるよりは、ひとりの愚かな指揮官が判断する方がよいのです。しかし自衛隊の場合は、軍事的に見て衆愚を集める部隊運用となっているのです。おまけに、指揮系統と責任の所在が明らかな部隊の指揮官と違って、干渉するだけの内局の部員には責任の所在が曖昧です。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2017年7月28日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら