京都の比ではない。愛知県は神社・寺院の数が日本一だった!

 まず神社だが、これには宗派なるものが明確にあるわけではなく、あえていえば「神社本庁(神本)が九九パーセントを占めているため、一括して考える以外にはない。まず考えるべき点は、奈良県(1387)、京都府(1764)に比べて、圧倒的に新潟県、兵庫県、福岡県、愛知県、岐阜県などが多いということである。

 ここには二つの理由があると考えられる。

 一つは、これらの地域には奈良・平安時代に先駆けて多くの文化が栄えていたことである。私たちは日本の歴史をともすれば奈良・京都を起点にして考えがちだが、それ以前から日本列島には各地に多くの人々が住んでおり、自然発生的な信仰の生活を営んでいた。むしろこれらの地域には奈良・平安以前の文化が広がっていたと考えていい。

 二つ目は、これらの地域は都からある程度離れており、中央権力が及びにくかったことである。奈良・京都は政治の中心であることから、権力が神社などを統括していった。そのため大きな神社は数多くあるものの、小さな神社は統合される運命にあったと考えられる。

 それにしても、なぜこれほどまで愛知県には寺院が多いのだろうか。実際名古屋やその周辺を歩いてみると、とにかくどこに行ってもお寺が多い! 鳴なるみじゅく海宿の周辺にはわずか100mのエリアに数個の寺院が固まっている。とにかくどこへ行ってもお寺がある。

 これには尾張徳川家が寺院を保護したことが大きい。江戸時代には徳川家は基本的に浄土宗を推奨して保護したことはよく知られている。浄土宗の寺院のいちばん多いところは京都府(567)で、二番手に愛知県(553)が上がってくる。(数値は『全国寺院名鑑』による)

 名古屋では東区にある建中寺(浄土宗)が有名で、尾張徳川家の菩提寺として代々の信仰を集めた。建中寺の山門は200年以上前に再建されたものだが、一見して江戸で将軍の菩提寺として保護された芝の増上寺(浄土宗)の山門を彷彿とさせる。

京都の比ではない。愛知県は神社・寺院の数が日本一だった!
建中寺

『名古屋地名の由来を歩く』(著・谷川彰英)より構成〉

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。