「魅力的で人望も篤かった」芹沢鴨暗殺の舞台裏

幕末から明治初頭にかけて、志と信念を持つ者が次々と刃に、あるいは銃弾に倒れ、多くの血が流れた。それほど多くの命を踏み越えねば、明治維新は成り立たなかったのか。維新までの軌跡を、京都・霊山歴史館の木村武仁学芸課長のナビゲートで追っていく。今回取り上げるのは、新選組を一枚岩にした「芹沢鴨暗殺」(雑誌『一個人』2017年12月号より)。◆内部粛清を経て壬生浪から戦闘集団へ
「魅力的で人望も篤かった」芹沢鴨暗殺の舞台裏
近藤勇(国立国会図書館蔵)  

 文久3年(1863)、将軍家茂の上洛を警護する浪士組の一員として、近藤勇や土方歳三、芹沢鴨らが京都に入った。
 この時、浪士組を率いていたのが清河八郎だったが、清河にはある企みがあった。

 まず幕府の名を借りて浪士組を結成しておき、朝廷から攘夷実行の達しを得たのち、浪士組を幕府から切り離して、関東で攘夷を行おうとしていたのだ。達文を得たのち、清河率いる浪士組は、江戸への帰還を命じられる。

 しかし、これに反対を表明したのが、芹沢鴨だった。芹沢の意見に近藤や土方らも賛同し、京に残ることになったのだ。水戸藩の出身だった芹沢は顔が広く、つてを頼って、京都守護職の会津藩につながり、会津藩の支援を受けて、京都の治安組織として、「壬生浪士組(のちの新選組)」を結成した。
 当初、隊員は13名からスタート。局長は、水戸藩出身の芹沢と新見錦、多摩出身で試衛館道場主の近藤の3人体制とした。さらに試衛館出身の山南(やまなみ)敬助と土方歳三が副長を務め、2つの派閥のパワーバランスを取っていたようだが、派閥間のいざこざが絶えなかった。

...続きを読む

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2017年11月29日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。