ソフトバンク元販売員が告白、強引に機種変更勧誘、無断でアプリ導入、劣悪な労働環境

●現場にかかるプレッシャー

 電波状況に関するユーザーの不安も払しょくされつつあり、iPhoneでの大きなアドバンテージを得て、快進撃を続けているソフトバンク。しかしこの好調を支えているのは、現場のスタッフだ。そこには数字に表れない負担が重くのしかかっている。

「これが当たり前だと思い込まされていたんです」

 そう語るのは、最近まで家電量販店にある携帯電話販売コーナーで、ソフトバンクのブースに立っていたAさん(仮名)だ。Aさんは、求人広告を見て、ある派遣会社の携帯電話販売業務に応募。そこで配属された先がソフトバンクだった。

「研修は3日間でしたが、ほとんどiPhoneのことしか教えてもらいませんでした。ほかの機種については、ざっとカタログに目を通したくらいです。全機種をiPhoneと同じように覚えようと思ったら、この研修期間ではとても足りません」(同)

 研修が終わり、Aさんが販売ブースに立つと、当然iPhone以外の質問も来た。もともと携帯電話などの機器が好きだったAさんは、知っている限りのことは答えたが、当然答えられない質問もあった。そのような時は、店舗にたった1人しかいない社員に質問するか、その社員が不在時には電話をかけて聞くしかなかった。ソフトバンクの正社員は、この店舗に女性店長1名だけ。ほかはAさん同様の派遣社員ばかりだ。また、厳しい職場環境のため人は常に入れ替わり、10名いるスタッフのうち1年以上続いているのは、Aさん1名だけだったという。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。