ユニクロ、入社3年目で報酬数千万円も…競争原理徹底で完全成果主義導入の狙い

 今、日本の働き方の常識が急速に変化している。これまでの人事制度は終身雇用と年功序列の考えに従い、ひとつの企業に長く勤め年齢を重ねるごとに給料が上がることが多かった。しかし、1990年代初頭のバブル崩壊後、日本経済の成長鈍化に従い、そうした人事制度を維持することが難しくなっている。

 多くの企業が人事制度を見直し、より効率的な人事制度への転換を目指している。なかでも、ユニクロを運営するファーストリテイリング(以下、ファストリ)の取り組みは興味深い。同社は、老若男女に関係なく、実力のあるものが評価される人事制度の確立を目指している。その背景には、同社が世界に通用するアパレル企業を目指していることがある。

 成果を出した人物が、より高い評価を受けるのは自然なことである。その上で、企業が就業者の能力を引き出し、より多くの付加価値の創造を実現できるか否か、それが長期的な日本経済の実力=潜在成長率を左右する。ファストリの取り組みが、今後、どのような成果につながるか興味深い。

アニマルスピリッツの発揮を目指すユニクロ

 もともとファストリは日本の常識にとらわれない経営をする企業だった。早くから同社は、長年親しまれてきた年功序列とは異なる考えを重視し、実際に取り入れてきた。その背景には、成長を追求し実現するためには、新しいことに取り組もうとする個人の存在が欠かせないという考えがある。

 来春、同社は新しい人事制度を導入する。入社した若手社員は店舗やIT関連の経験を積み、実績を残すことができれば3~5年で経営幹部として登用される。欧米地域の場合、報酬は数千万円に達するとみられる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ユニクロ ワンピース
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年7月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら