六代目山口組恒例のハロウィンでのお菓子配り、今年は中止で組員たちの心中は……

 社会的にもここ数年で、恒例行事としてすっかり定着したハロウィン。それは山口組にあっても同様であった。

 8年ほど前、筆者の現役時代にはすでに、ハロウィン当日、神戸市灘区にある六代目山口組総本部では近隣住民の子どもたちにお菓子が配られていた。

 近年では、ヤクザ全体を反社会的勢力と定義し、その最大勢力といわれる山口組組員から、お菓子をもらうのは不適切な行為であるとする声が大きくなってきた。だが、必ずしも現場がそういう声に包まれていたかといえば、そうではない。ハロウィンが近づくと、近隣住民の主婦が総本部までわざわざやってきて、「お菓子はいつ配るの?」と尋ねるということは、今でもあるようだ。

「六代目山口組サイドからすれば、そうした声が実際にある以上、世論の声云々ではなく、楽しみにしている子どもたちのために、お菓子を配り続けるという姿勢だったのではないでしょうか」(ヤクザ 事情に詳しいジャーナリスト)

 実際、山口組組員らにも、お菓子を配ることに関しては、ちょっとした悲喜交々があった。

 毎年、ハロウィン当日に子どもたちへお菓子を配るのは、六代目山口組の幹部や慶弔委員の親分衆ほか、総本部へと部屋住みに入っている組員など。加えて、ガレージ当番と呼ばれる、二次団体による持ち回り制の当番についている組員らも手伝うことになるのだ。

 ガレージ当番とは、総本部へと出入りする車両の出し入れの誘導や総本部の駐車場内の交通整理の役目を主とするのだが、これは全国の二次団体によって、24時間体制で行われていた。筆者自身、時に責任者として、時に当番の1人として、幾度となくこの任についてきた。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。