安倍首相、税金5千万円投入「桜を見る会」を支持基盤強化に利用…投資セミナーと同じ構図

 内閣総理大臣主催の「桜を見る会」に安倍晋三首相の地元支持者が多数招待されていた問題について、野党が「私物化だ」と追及している。同会の開催費用は年々膨らみ、2019年は5518万円にものぼったという。

 政治家やコメンテーターらのさまざまな意見が飛び交うなか、もっとも納得させられたのは、「消費税も増税し、まだまだ予算の無駄を削る必要がある中、こんな会の予算は真っ先に切るべきだ」「こんな予算も削れずに、予算改革などできるわけがない。ただし野党が安倍政権を追及するのも茶番。旧民主党も桜を見る会を開いていたのだから」という元大阪市長・橋下徹氏のツイートだ。

 庶民が吸い取られた高い税金が、こんなムダ金に化けている。それについて「長期政権の緩み」などと批判されているが、見方を変えれば「人を集めれば金になる」というのは物事の道理である。

「安倍さんの目的はたったひとつ。支持基盤を盤石にするためですよ」――投資業界で長年セミナーを開いてきたA氏は、開口一番こう語った。

「投資業界では、セミナーと称して人を集める目的は『金』だけです。私が毎月5回、平均10人の顧客にさまざまな説明をしてきたのも、金ヅルにニンジンをぶら下げたいからです」(A氏)

 A氏が開いていたセミナーは1回3万円。少ない月でも50人ほど集めていたため、それだけで毎月150万円以上を売り上げていた。

「東京だけでなく大阪でもやっていましたから、月商約300万円でした。場所代を差し引いても、250万円以上が手元に残りましたね」(同)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク