ユニクロ、中国店舗370店休業、韓国事業が赤字転落…で静かなる危機迫る

       

ユニクロ」を運営するファーストリテイリングは、御難続きだ。韓国での不買運動の次は中国の肺炎だ。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が中国全土に広がっていることを受け、感染者が多い武漢市のある中国湖北省を中心に約370店を休業した(2月7日現在)。中国のユニクロ店舗数は2019年12月時点で750店。休業対象の店舗は全体のほぼ半数に相当する。営業再開の見通しは立っていない。

韓国での不買運動が直撃、今期業績を下方修正

 ファーストリテイリングは韓国での不買運動の直撃を受け、20年8月期の連結業績予想(国際会計基準)を下方修正した。売上高にあたる売上収益は、従来見通しに比べ600億円減の2兆3400億円、営業利益は同300億円減の2450億円、純利益は同100億円減の1650億円にそれぞれ下方修正した。4期ぶりに営業減益となる。

 1月9日、日系ブランドの不買運動が続く韓国と、デモが長期化する香港での業績悪化が下方修正の理由だと明らかにした。新型肺炎が国内で表面化する以前のことだ。同時に発表した19年9~11月期の連結決算は、売上収益は前年同期比3%減の6234億円、営業利益は同12%減の916億円、四半期利益は同3%減の709億円だった。

 同期間の海外ユニクロ事業の営業利益は同28%減の378億円と低迷した。足を引っ張ったのが店舗数で海外全体の1割強を占める韓国事業だった。ユニクロは韓国ロッテグループと組み05年に進出。19年11月末時点で186店舗を運営する。18年8月期の売上収益は1400億円と海外事業を牽引してきた。


ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の経済記事

キーワード一覧

  1. ユニクロ ワンピース

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。