グレタさん登壇の環境保護集会で歴史的環境を破壊…英国内で批判拡大、地元住民が再建運動

 英国を訪問中の環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)が登壇した集会で、歴史的な景観に大損害が出たようだ。英デイリーメールインターネット版は1日、「Greta Thunberg angers residents of Bristol after 30,000 of her supporters ruin the city’s historic College Green」と題する記事をアップした。

Greta Thunberg angers residents of Bristol after 30,000 of her supporters ruin the city’s historic College Green https://t.co/hAWF4w0J3M

— Daily Mail U.K. (@DailyMailUK) March 2, 2020大聖堂前広場の芝生が壊滅

 記事によると28日、英ブリストル市にあるブリストル大聖堂が立つ芝生の広場「カレッジグリーン」で青少年らによる環境保護団体の集会が行われ、グレタさんがメーンスピーカーとして登壇した。グレタさんは世界的な二酸化炭素の排出抑制の必要性を訴えたのだという。問題は、聴衆が約3万人訪れたことで、芝生の大部分が踏み荒らされてしまったというのだ。デイリーメールは、集会前と後の写真を掲載した。芝生だった場所は大量の足跡で埋め尽くされ、泥だらけになっていた。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。