ドンキ、安くても買うとガッカリする日用品3選…ケツ毛処理しにくい「ケツ毛トリマー」

 1989年に第1号店を東京都府中市にオープンさせて以降、年々規模を拡大しており、その勢いはとどまることを知らない「ドン・キホーテ」。運営会社であるパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの前身にあたる「ジャスト」の設立から数えると、今年でちょうど40年目の節目を迎える、総合ディスカウントストアだ。

 値段の安さや、朝から深夜、場所によっては24時間開いているという営業時間の長さ、そしてバラエティに富んだ商品ラインナップが好評を博しているドンキ。最近では、全国的に品薄となっているマスクの複数買い対策として、ある店舗が2点目以降の販売価格を9999円と設定したことがインターネット上で話題となっていた。

 そんなドンキでは、お手頃価格を売りにした「情熱価格」というプライベートブランドを展開している。2009年10月に発売されたジーンズを皮切りとし、そのアイテム数は現在、3000を超えているというから驚きだ。

 しかも情熱価格の商品は、安いのに品質が良いものばかりだと評判。ところが、一部の商品は、値段相応ないし値段以下のクオリティだと批判されていたり、使い勝手に問題があると指摘されていたりするのも、また事実である。

 そこで今回は、ドンキ系列のなかでも日用雑貨品などの生活必需品をメインとする「MEGAドン・キホーテ」で販売中の情熱価格の商品を、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」がリサーチ。「この春、買ってはいけない商品」を独自に3つセレクトしたので、新生活における日用品集めなどの参考にしていただければ幸いだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク