北朝鮮を激怒させた韓国・文在寅の“嘘つき外交”…非核化の意図を捏造、米国には賄賂画策

       

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅政権の関係が悪化している。金委員長の妹である金与正朝鮮労働党第1副部長が文政権を痛烈に批判し、開城工業団地内の南北共同連絡事務所を爆破した。これにより、南北関係は文政権以前に戻ったとの見方が強い。

 今、韓半島では何が起こっているのか。元駐日韓国大使館公使で「統一日報」論説主幹の洪熒(ホン・ヒョン)氏に聞いた。

平壌側の怒りが爆発した理由

――平壌側が開城の南北共同連絡事務所を爆破しましたが、何が起きていたのでしょうか。

洪熒氏(以下、洪) 2018年4月の南北首脳会談では金正恩と文在寅が仲良く談笑するシーンが報道されましたが、それらはすべて芝居でした。今回の一連の動きは、平壌側の「もう芝居は疲れた」という爆発でしょう。

 文政権の鄭義溶国家安全保障室長は特使として、米国および平壌側との橋渡し役を担っていましたが、米国のジョン・ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の回顧録によって、ドナルド・トランプ大統領にいわゆる「金正恩の非核化の意図」を捏造して伝えていたことが明らかになりました。おそらく、鄭室長は辞任するでしょう。

 この回顧録によって最大のダメージを受けるのはトランプ大統領ではなく、文在寅です。文政権が事実上、トランプ大統領に約15億ドルの賄賂を国家予算から送ろうと目論んだことも書かれています。

 19年2月にベトナム・ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談でショックを受けた金正恩は、文在寅が自分を騙したことに歯ぎしりをします。同年6月に急遽決まったトランプ大統領と金正恩の「板門店会談」では、文在寅も強引に加わろうとしましたが、ボルトンの回顧録でも、文在寅は両首脳に参加を拒まれ、ホワイトハウスの警護官に阻止されたことが書かれており、世界中に恥をさらしました。この時点で、文在寅はトランプ大統領と金正恩の両方から不信されていたのです。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。