ワークマン、驚異的高収益の秘密…社員全員「エクセル」活用のデータ重視経営

 低価格を売りにしたPB商品が売れたことから、既存店を次々と改装し、「ワークマンプラス」に切り替えていった。8月末時点で全880店のうち216店が「プラス」だ。21年3月期には、「プラス」は既存店の改修などを合わせて283店舗と前期末より108店舗増加する。「プラス」は品揃えの重点や見せ方を変えることで、一般客、特に女性客を呼び込むことに成功した。女性向け・靴・雨具の3種類の専門店の発想も同じだ。分野ごとに特化した店づくりを極める。

 三井物産出身のマーケティングのプロによってワークマンは大変身を遂げた。

(文=編集部)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク