「作ろう!きのこの山」にハマる大人が続出…SNSで話題の“手作りお菓子キット”3選

 そこそこ難しいようで、「細かな作業が多いので、プラモデルをつくるときと同じくらい集中できる」「意外と集中力が必要。おうち時間を活用したい人にはぴったりのお菓子かも」などの声が。他には「渋い趣味として有名な盆栽をつくるとは思わなかった……。何気にお菓子としてもおいしい(笑)」「“鑑賞した後に食べる”って新しい楽しみ方」といったコメントも上がっていました。

 集中してものづくりをしたい人は、ぜひ「おかしでつくる盆栽」にトライしてみてください。

好きな形の「きのこの山」がつくれる!?

 最後に紹介するのは、明治の定番お菓子「きのこの山」を手作りできる「作ろう!きのこの山」。同商品はチョコレートとホワイト&ピンククリームが入ったチューブ、型、クラッカーを活用して、好きな形の「きのこの山」をつくるお菓子キットです。

 明治の公式サイトによると、アレンジパターンは「よつご」「しいたけ」「おおつぶ」などの全8種類。チョコペンや小粒チョコを用意すれば、さらにバリエーションを増やせます。自分好みのデコレーションを見つけるのもアリですね。

 購入者からは、「見たことない『きのこの山』をつくれるのがとても新鮮!」「オリジナルの形を考えるのが趣味になりつつある」などの声が。しかし、SNS上で話題になったきっかけは“お菓子のコンセプト”ではなく、「パッケージにライバル関係のたけのこがいる!」というコメントでした。

 ちなみに公式サイトの「つくれるカタチ」には、「たけのこの里」とそっくりなアレンジパターンが。しかし「たけのこ!?」と濁されているため、これが“たけのこの里”とは断定できません。真実を確かめたい人は、「たけのこ!?」と「たけのこの里」を見比べてみてはいかが?

(文=編集部)

※商品の価格は記事作成時の実売価格です。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク