低価格でコスパの良い商品を購入できる100円ショップ。最大手「ダイソー」に次いで業界二番手である「セリア」は、デザイン性の高い雑貨を展開しており、トレンドに敏感な人々からの支持が厚いブランドだ。

 社名は“まじめな”という意味を持つイタリア語の「seria」に由来し、その企業コンセプト「Color the days」は、“日常を彩るための出会いをとことんまじめに追求する”という意味がある。値段以上の価値を創造する商品の開発に余念がなく、日本製のものを多く販売することやメーカーとの共同開発にこだわっている点を踏まえても、まさに“まじめ”を体現している企業といえるだろう。

 そんな“プライス以上”の商品開発を行う「セリア」の商品は魅力的なものが多い。今回はそのなかから“この冬買うべき商品”を5つ選出した。どれもこれからの季節に役立つものばかりなので、ぜひチェックしてみてほしい。

スタンド付き時計 ウッド調/110円(税込、以下同)

 春に向けて、引っ越しの準備を進めている人も多いのではないだろうか。

新生活を始める際、“とりあえず一つ買っておくか”というときにおすすめなのが、この「スタンド付時計 ウッド調」だ。

 シンプルで洗練されたボディと、どんなインテリアにもマッチしそうな木目調のデザインが特徴。壁掛け用のフック穴と、取り外せるスタンドが付属しているため、シーンに合わせて使い分けることが可能だ。また、直径が9cmと小ぶりではあるものの、数字と針が大きめにつくられているため、遠くからでも時間を確認しやすいのも嬉しい。

 今回購入した色のほかには、ダークブラウンの文字盤に白の数字をあしらったものもある。どちらもやはり、デザイン性に関しては申し分ない。

これから時計の購入を考えている方は、ぜひ検討してみてほしい。

マグネット付きキーリング/110円

 家を出る直前に鍵が見当たらず、焦った経験をしたことがある人も多いだろう。置き場所を決めて対策をしていても、その上に物を積んでしまっていたり、床に落ちてしまっていたり――と、急いでいるときほど、なかなか見つからないこともある。

 そんな鍵にまつわる問題を解決してくれるのが、「マグネット付きキーリング」。商品名の通り磁石が内蔵されているため、磁石がくっつく場所なら、どこにでもくっつけることができるという便利グッズだ。

 特別な場所を用意する必要がなく、冷蔵庫や玄関ドアの金属部分など、部屋の目につくところに鍵を掛けておくことができる。

加えてレザー調の質感のため、パっと見では100均グッズには見えないのもありがたい。特に鍵を見失う頻度が高いという方であれば、なくしてしまう前に購入するのが吉だろう。

ティシュー詰め替えボトル/110円

 2月頃から花粉を感じ、ティッシュが手放せなくなるという方もいるのではないだろうか。そんなティッシュを身近に置いておきたい人におすすめなのが、「ティシュー詰め替えボトル」。

 その特長はなんといっても、ボディが筒型であるおかげでちょっとしたスペースにも場所を取らずに置くことができる点。セット方法も簡単で、商品底にある蓋を外して、そこに半分に折り曲げた束状のティッシュペーパーを入れるだけ。

21.5cm以上のティッシュペーパーが入れられない点のみ注意が必要だが、市販されているボックスタイプのものであれば、ほとんどのものに対応している。

 過度の花粉症の人であれば、ボックスティッシュをそのまま携帯することもあるかもしれないが、本品を使えば少し見た目がスタイリッシュになるのも嬉しいところではないだろうか。インテリアとしても部屋に溶け込んでくれるこのティッシュケース、春前にチェックしてみてはいかがだろうか。

ステンレスプレート/110円

 コロナウイルスが室内感染しやすいという理由から、近年人気を集めているアウトドアレジャー。そんなアウトドアレジャーで重宝するのが「ステンレスプレート」シリーズだ。

 このシリーズのプレートは高級感のあるステンレス仕様でありながら、なんと1枚110円。

今回はベーシックな丸皿を購入したが、お椀型や仕切りのあるタイプなど、大小さまざまな種類があり、用途に合わせて購入することができる。

 こちらは1枚2.5mmという薄さで、12枚重ねても厚みはわずか3cmのため、持ち運ぶ際にかさばりにくいのである。食洗機にも対応しているため、“帰宅後にまとめて食洗機に入れてしまう”なんてことも可能だ。アウトドアレジャーを楽しむ機会が多いという方には、ぜひチェックしてもらいたい。

次が使いやすいゴミ袋/110円

 ゴミを捨てる際に意外と面倒なのが、次の袋をゴミ箱にかける作業ではないだろうか。「次が使いやすいゴミ袋」は、日本テレビ系列『ヒルナンデス』でも紹介されたもので、単純なつくりでありながら袋をかける手間を省ける、目からウロコの商品だ。

 ゴミ袋がロール状になっているため、ゴミ箱の底に設置すると、使い終わったゴミ袋をゴミ箱から取り出すときに、次の分の袋が繋がってついてくるという仕組み。袋自体をゴミ箱の底に置いておけるだけでなく、1回1回袋を出して広げる手間がかからないのである。

 10ℓ、15ℓ、20ℓとやや小さめの3サイズが展開されているが、リビングや自室のゴミ箱に使うのであればちょうどいいサイズ感だろう。SNSでは「これ考えた人天才」「痒い所に手が届く商品」と絶賛の声が溢れている。これまでゴミ袋をセットするのを煩わしく感じていた方は、本品で生活をより快適にアップデートさせてみてはいかがだろうか。

 今回はセリアの“この冬買うべき商品”を5つ紹介したが、どれもコスパ上々で活躍するシーンが多そうな商品だった。デザイン性と機能性に優れた商品を次々と生み出す「セリア」から、これからも目が離せない。

(文・取材=A4studio)

※情報は2022年1月20日現在のものです。