ロシア軍による侵攻後、初めてウクライナに入った日本人医師で、「国境なき医師団」(MSF)救命救急医・外傷外科医の門馬秀介氏が26日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で会見し、戦災下の同国の医療環境などについて報告した。門馬氏はウクライナ全土で不安、パニック、睡眠障害の症例が増加していることを挙げ、「周辺国に避難した人々の中にも戦災で両親を失った子ども、息子や娘を失った親などが多くいて、メンタルヘルスの重要度が上がっている」と語り、日本を含めた欧米諸国のサポート強化を訴えた。

徒歩で国境を超えウクライナへ

 門馬氏は3月21日にウクライナに入国し、ロシア軍の重包囲下で都市全体の崩壊が進んでいるマリウポリ住民の避難ハブ都市となっているザポリージャ、その北部に位置するドネプロで活動をした後、4月3日にポーランドに出国した。

 門馬氏はまずトルコ・イスタンブールからポーランドに空路で入国後、同国東部のジェシュフを経て国境のメディカを徒歩で通過し、ウクライナに入ったという。ポーランドにいたウクライナからの避難者の多くは心のケアを必要としていたほか、多くの災害の被災者と同様に慢性疾患の治療によるニーズが高まっていたという。

 その後、同国西部のリヴィウなどを経て、ザポリージャ、ドネプロに到着した。門馬氏は「バリケードが東にいけばいくほど高度なものになっていった。スマホに空襲警報アラームのアプリを入れ、いつでも逃げられるような服を着て、靴下を履き、靴を枕元に置いて寝ていた」と振り返る。