3月30日、暴力団や裏社会などの問題を扱ってきた作家の宮崎学氏が亡くなった。弁護士で参議院議員を2期務め、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)出演などでも注目される丸山和也氏は、大学時代に宮崎氏とクラスメイトだったという。そこで、丸山氏に宮崎氏との思い出について聞いた。

「おもろいもの見せてやる」

――3月30日に逝去した宮崎学さんとは早稲田大学法学部の同じクラスで、卒業後も親交があったそうですね。

丸山和也氏(以下、丸山) はい。実はこの半年くらい電話をかけても出なかったので、気になってはいました。クラス会のメールには時々返信があるんですが、どうしてるかなと。宮崎とは第二外国語が同じスペイン語で、このときのクラスメイトたちとは卒業後も交流していて、定期的にクラス会も開いていました。コロナ禍で休止になるまでは、宮崎も毎回来ていました。

――スペイン語選択とは珍しいですね。

丸山 フランス語やドイツ語はメジャーでつまらないじゃないですか(笑)。宮崎も他のクラスメイトも、みんなそう思ってスペイン語にしたんだと思います。宮崎とは生まれも育ちも全然違うんだけど、最初からウマがあって、よく一緒にメシを食ったりしていました。

――宮崎さんのお父様はヤクザの親分ですから、生育環境などはかなり違いますよね。

丸山 僕の父親は教師で、厳しい家庭で育ったので、無頼で放蕩みたいな生き方は、むしろうらやましかったですね。宮崎は世間のこともいろいろ知っていて、僕にはないものを持っていました。