人と仲良くなるには「時間」「同期」「互恵」の3ポイントが重要だった

インターネットやテクノロジーの発達により、24時間、世界中の誰とでもつながれる時代がやってきた。一方で、「一人ぼっちになるのが怖い」「いつも誰かとつながっていないと不安」など、新たな不安感に苛まれている人も増えているようだ。

年に5000本の科学論文を読み続けるサイエンスライターにして、7万部突破の話題書『最高の体調』の著者・鈴木祐氏は、現代人を苦しめる人間関係の不安について、次のように指摘する。

「人の脳は、もともと見知らぬ他人とうまく人間関係を作れるように設計されていないのです。人類は、狩猟採集民だった数百万年前から、『家族』や『顔見知り』といった小さな集団の中だけで生きてきました。生き延びるためには、近しい間柄同士での内向きのコミュニケーションだけで十分だったからです」

しかし対処法がないわけではない。科学的データに基づく、人と仲良くなるための3つのポイントを、鈴木氏に解説してもらった。

人と仲良くなるには「時間」「同期」「互恵」の3ポイントが重要だった

1.好意は「一緒に過ごす時間」で増える

人と仲良くなるために、第一に重要な要素が「時間」です。

アイオワ州立大学のダニエル・フルシュカ氏は、2010年のレビュー論文で「良好な友人関係を保つためにはなにが必要か?」を調べ上げました。個人の性格やコミュニケーションスキル、社会的地位など、人間関係に欠かせない要素のなかから、重要度が低いものを取り除いていったのです。

結果、最後に残ったのは「一緒に過ごす時間の長さ」でした。


あわせて読みたい

ビジネスライフの記事をもっと見る 2018年12月24日のライフスタイル記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら