コロナ禍のテレワークで男性は「働きすぎ」、うつ傾向のリスクが約3.3倍に

コロナ禍のテレワークで男性は「働きすぎ」、うつ傾向のリスクが約3.3倍に
拡大する(全2枚)

新型コロナの緊急事態宣言により、私たちの生活様式は大きく変化しました。その変化とうつ傾向の関連を研究した論文が発表されました。生活様式の変化には男女差がありますが、いずれもうつ傾向のリスクがあることがわかりました。(Misa)

緊急事態宣言発令による生活様式の変化

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令による生活様式の変化に関する、株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都千代田区)と東京大学大学院医学系研究科健康教育・社会学分野教室(准教授:近藤尚己)の共同研究の論文が発表されました。

緊急事態宣言期間中に顕著に変わっているのが歩数で、1日約1,100~1,200歩と大幅に減少しています。また、男性の32.4%、女性の45.9%がうつ傾向となっていました。

生活様式の変化としては、男性が「仕事時間増加」、女性は「子育て時間増加」が挙がっています。テレワークで仕事時間はむしろ伸びる傾向があるということでしたが、男性についてはそれを裏付けており、それによるうつ傾向リスクは3.3倍となっています。その一方で「在宅ワークへシフト」した女性のうつ傾向リスクは、そうでない人と比べて26%低い結果となっており、女性にとってはテレワークがうつ傾向リスクを低減させています。

【関連記事】始まったテレワークの時代。やってみるとわかる「働きすぎ」問題--働きすぎを防ぐ5つのポイント


この記事の画像

「コロナ禍のテレワークで男性は「働きすぎ」、うつ傾向のリスクが約3.3倍に」の画像1 「コロナ禍のテレワークで男性は「働きすぎ」、うつ傾向のリスクが約3.3倍に」の画像2

当時の記事を読む

CANVASの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク