コロナ禍のしわ寄せは社会的弱者へ。3つのNPOが声をあげた

コロナ禍のしわ寄せは社会的弱者へ。3つのNPOが声をあげた
       
分断され、閉鎖しがちなコロナの世界で、グローバルに活動するNPOとリーダーの女性たちを紹介した前回に続き、今回は日本国内で活動する3つのNPOと、それを率いる女性を取り上げる。コロナ禍でもがきながらも、他者やマイノリティへのあたたかなまなざしは共通している。

移民の若者たちの手助けをしたい

Kuriya 海老原周子氏

「飲食店に勤めていた父母は仕事がなくなり家にいる。母国語しかできず、日本語のできる子どもに頼るしかない。家族みんな不安を抱え、感染の兆候があったら、どこに行けばいいのか、誰に相談したらいいのかすらわからない」

画面ごしにネパール出身の留学生、ジョシラタラ・デイネス氏が訴えた。外国にルーツを持つ高校生の支援を行う一般社団法人Kuriyaが、4月25日に主催したオンラインのトークショーのことだ。コロナ禍での外国人の課題を知ろうというテーマだった。

正しい情報がどこにあるのかわからない

クラブ活動への参加を呼びかけるチラシ。

Kuriyaの代表理事・海老原周子氏は、3月中旬から、東京に住む外国ルーツの高校生とその親65人に何に困っているかをネットで調べた。一番多い回答が「正しく最新の情報が、どこにあるかわからない」だった。

10万円の特別定額給付金。総務省のサイトに説明が掲載された当初、他の言語での説明はなかった。海老原氏はパートナーの団体が英訳したものをわかりやすくイラストとチャートで説明した図を作り、冒頭のジョシラタラ氏を始め、仲間を多く知る外国人に送った。

Mashing upの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月12日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。