回数券を勧める接骨院は「ウチの治療技術は低い」と言っているも同然では 柔道整復師が説明する"回数券"の意義

回数券を勧める接骨院は「ウチの治療技術は低い」と言っているも同然では 柔道整復師が説明する"回数券"の意義
       


「体の調子が悪くて近所の接骨院に行ったら、いきなり回数券の話をしてきた」 先日お会いした人から聞いた話です。カーテン越しに聞こえてきた会話でも、ほかの患者さんに対して回数券の話をしていて、何かひっかかったと言います。


骨折も脱臼もほぼ整形外科や病院に行くこのご時世。僕も接骨院を経営していますが、街を歩いていても松葉杖で包帯を巻いていたり、脚を引きずっていたりするような怪我人をみかけることが少ないのに接骨院って必要なの?と思ってしまいます。そんな中、"回数券"の話。僕も回数券の購入を勧める院に疑問を抱きました。(文:ちばつかさ)


■かつては高需要の接骨院も、院の増加で「患者の奪い合い」が発生


接骨院に勤めるのは国家資格の柔道整復師で、元々"骨折や脱臼の整復と固定"を主な業としていました。それに付随して、捻挫や挫傷、打撲などのいわゆる急性期の怪我に対して柔道整復術をおこなうのです。


整形外科が少なかった過去、柔道整復師は重宝され、接骨院でも骨折や脱臼の整復固定が頻繁に行われていました。また、柔道整復師の国家資格を取るための専門学校も接骨院も少なかったため、患者さんが列をなす光景も目にしました。


その後、養成学校が急増(総量規制で14校だったのが、2015年には109校に)。資格所持者も急増し、卒業すればすぐに開業できてしまうため一気に接骨院が巷に溢れました。今はコンビニよりも多いとも言われています。


キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。