ジブリのアニメーター求人「月20万円」に海外から「安い」批判 「未経験可」のニュアンスが伝わらなかった?

ジブリのアニメーター求人「月20万円」に海外から「安い」批判 「未経験可」のニュアンスが伝わらなかった?

宮崎駿監督が引退を撤回し、新しい長編アニメーション映画を作ることを発表した。これに伴いスタジオジブリが求人を発表したのだが、その待遇が海外サイトで注目を集めている。


ジブリサイトに掲載されている求人内容によると、応募資格は、制作に必要な日本語力のある18歳以上。給与は月20万円以上で、賞与は年2回、交通費も上限はあるが全額支給だ。社会保険完備で週休2日制、3年間の有期雇用契約で、期間の延長や正社員への転換は無い。


■日本では悪い待遇ではないが、海外からは「冗談だろ?」と呆れる声



この募集要項が海外のアニメ関連求人サイトCartoon Brew Animation Jobsのfacebookで取り上げられると、「安すぎる」という指摘が相次いだ。



「日本語が話せて月給20万円?冗談だろ?ロサンゼルスの絵コンテ作成の4分の1以下じゃないか」
「2次元アニメのプロの背景美術として働いているけれど、この条件は『本当に』悪い……。ああ……」
「有名企業なのに20万円て低すぎ……東京で暮らすのは安くないのに……」


など、冷笑や失望、驚きを露わにするコメントが多い。


日本のアニメーターの低賃金さはこれまで度々問題視されてきた。NPO法人「若年層のアニメ制作者を応援する会(AEYAC)」が今年2月に発表した調査によると、10代から30代の若手アニメーターのうち、月給20万円以上を得ているのはたった3.9%しかいない。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2017年5月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。