『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る

『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る
拡大する(全6枚)
(C)2021「聖地X」製作委員会
2021年11月19日から公開される『聖地X』は、超常的な世界観で人気の劇団・イキウメの舞台を映画化したもので、そこに足を踏み入れた者は皆常軌を逸し、忽然と姿を消してしまう場所“聖地X”をめぐる異色エクストリーム・ホラー。

主演は岡田将生と川口春奈、そして監督は入江悠が務めています。

インディペンデント映画界の英雄として頭角を現してから早10数年たち、今ではメジャー・シーンに躍り出て、本作のように韓国と組んでの国際的活動にも勤しむようになってきている入江監督。

今回はそんな彼の映画的軌跡を振り返ってみたいと思います。
 

入江悠監督の原点的シリーズ
『SRサイタマノラッパー』

『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る


入江悠監督は1979年11月25日、神奈川県横浜市に生まれ、3歳から19歳まで埼玉県深谷市で育ちました。

日大芸術学部映画学科監督コース在学中に撮った『OBSESSION』(02)『SEVEN DRIVES』(03)がそれぞれゆうばり国際ファンタスティク映画祭オフシアター部門に入選し、2003年に卒業後は『部屋の片隅で、愛をつねる』が第2回うえだ城下町映画祭でグランプリを受賞。

そして2009年、『SRサイタマノラッパー』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009オフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞。

これは入江監督の地元でもあった埼玉県深谷市をモデルにした郊外の街を舞台に、ラッパーを夢見るもなかなか冴えない日々を過ごさざるを得ないIKKU(駒木根隆介)、TOM(水澤紳吾)ら“SHO-GUNG”の面々の鬱屈した日常をオフビート感覚で描いたもの。

この記事の画像

「『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る」の画像1 「『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る」の画像2 「『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る」の画像3 「『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る」の画像4
「『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る」の画像5 「『聖地X』も話題!入江悠監督の軌跡を辿る」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク