「SUPER RICH」第7話レビュー:裏切り者はまさかの”あの人”!?会社存続の危機(※ストーリーネタバレあり)

「SUPER RICH」第7話レビュー:裏切り者はまさかの”あの人”!?会社存続の危機(※ストーリーネタバレあり)
拡大する(全3枚)
「SUPER RICH」画像ギャラリーへ

<SUPER RICH>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

江口のりこが主演、赤楚衛二が共演する「SUPER RICH」が2021年10月14日より放送スタート。

お金はあっても愛に飢えた孤独な女社長と、愛はあってもお金がない貧乏専門学生。真逆の2人が出会い、会社に襲いかかる困難を次々と乗り越えて前へ進んでいく姿に元気づけられること間違いなし! 

毎分、毎秒でめまぐるしく変化していく登場人物たちの心情と、原作のない完全オリジナルドラマだからこその予測不能かつスリリングなストーリー展開をお見逃しなく!

本記事では、第7話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「SUPER RICH」第7話レビュー

衛(江口のりこ)と優(赤楚衛二)の想いが結ばれた。優が宮村(町田啓太)へ借金している200万を完済したら、結婚しようという話にまでなった。実際に4ヶ月で200万を返す偉業を成し遂げた優、家族にも衛との結婚を告げ、準備は万端。

このままハッピームードで7話が終わるのか!? と思いきや……後半から展開が逆転した。

「SUPER RICH」第7話レビュー:裏切り者はまさかの”あの人”!?会社存続の危機(※ストーリーネタバレあり)


スリースターブックス再建のため、「フォレストモバイル」との提携とコラボ企画が実現。人気漫画家・野田(山口勝平)の作品を主軸に、碇(古田新太)が先導することになった。

この企画が軌道に乗れば、スリースターブックスの売り上げも増え、元のオフィスに戻ることができる。誰もがそう期待した矢先、野田の作品と酷似した漫画が不法にアップロードされ、ネット上に出回っていることが判明。原稿データを持っている社内の人間の仕業としか思えない所業である。

もう一人の裏切り者は誰なのか……!? 予告でも気になっていた場面だ。花嫁衣装を着た衛が「あなたが裏切るん?」と悲痛そうに言っていたシーン。果たして、その裏切り者とは……。

「SUPER RICH」第7話レビュー:裏切り者はまさかの”あの人”!?会社存続の危機(※ストーリーネタバレあり)


アルバイト入社の城戸(結木滉星)だった。

別の漫画家に10万を渡し、よく似た漫画を描かせたのだという。すべては、過去にMEDIA社との業務提携を断ったスリースターブックスへの復讐だった。城戸は元MEDIA社の人間であり、件の業務提携が上手くいけば子会社のトップになる予定だったという。まさに逆恨みとしか思えない反抗だ。

たかが10万。されど10万。城戸は、恨みを晴らすために10万で漫画家を雇った。去っていく城戸に対し優が「一番価値のないものにお金を使った、君のことをかわいそうに思うよ」と言っていた。筆者自身も、そう思う。城戸の目的である「憂さ晴らし」が果たされたのかも、定かではない。

てっきり、もう一人の裏切り者は今吉(中村ゆり)か宮村だと思っていた。何度も何度も疑ってごめん……と手を合わせかけたその時、今吉が衝撃の一言を。

「辞めます」

会社設立時から支えてくれた今吉をはじめ、古くからのメンバーがどんどんスリースターブックスを離れていくことに……? まさに急転直下、ジェットコースターのように物語が展開する「SUPER RICH」。次回まで、待てない。

「SUPER RICH」7話のストーリー



氷河衛(江口のりこ)は春野優(赤楚衛二)からプロポーズされた。だが、優は自分が宮村空(町田啓太)に借金を返済するまで待って欲しいと頼む。仲良さげな衛と優の会話を偶然聞いてしまった今吉零子(中村ゆり)は衝撃を受ける。

一方、『スリースターブックス』は森ノ宮大吾(矢野聖人)が新たに設立した『フォレストモバイル』とのコラボ企画が正式に決定し、銀行からの融資も受けられるほど順調となっていた。さらに、田中リリカ(志田未来)や東海林達也(矢本悠馬)たちは旧『スリースターブックス』のオフィスビルに入っている『フォレストモバイル』に移転計画があることを知り、自分たちが元のオフィスに戻れるかもしれないと希望を持つ。そんな中、リリカは鮫島彩(菅野莉央)の様子がおかしいことに気付き…。

【関連記事】<ミスター残念>戸次重幸の魅力とは?活躍の場はTEAM NACSから全国へ!

(文:北村有)

【作品情報】

10月期のフジテレビ木曜劇場では、ベンチャー企業の破天荒な女性社長を主人公に描くドラマ『SUPER RICH』を放送することが決定しました。幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンの、ジェットコースターのような波瀾(はらん)万丈な半生を描く完全オリジナルドラマです。

主演を務めるのは話題作に立て続けに出演し、今最も熱視線を浴びる大ブレーク女優・江口のりこさん。キャリア20年以上の実力派の江口さんが、今作でついにゴールデン・プライム帯ドラマ初主演を果たします。また、江口さんはフジテレビ連続ドラマ初主演で、木曜劇場にも初出演にして初主演。仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描き出します。

さらに、共演にはいま飛ぶ鳥を落とす勢いの若手俳優・赤楚衛二さんが決定。ベンチャー企業のインターン試験を受ける、主人公とは生まれも育ちも正反対の貧乏な専門学生を演じます。日々困難に直面する主人公を懸命に支え、時に翻弄(ほんろう)する年下の無邪気な“子犬系男子”が、会社の未来や彼女の人生をも大きく変えていきます。

クセの強い役どころを巧みに演じ分け、見る人に強烈なインパクトを与えてきた実力派かつ個性派の江口さんが本作で挑むのは、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業『スリースターブックス』の社長・氷河衛(ひょうが・まもる)。女優の道を歩み続け、今や“働くかっこいい女性”の代名詞の江口さんが、自身のキャリアと重ねて等身大で挑みます。また、江口さんのセリフは全編を通して関西弁で話される予定。兵庫県出身の江口さんが発する、毒舌混じりの小気味よい“ネーティブ関西弁”にも注目です。

一方、『スリースターブックス』のインターン試験を受ける貧乏学生・春野優(はるの・ゆう)を演じるのは今をときめく若手俳優の赤楚さん。その屈託のない笑顔と見る人を虜(とりこ)にするまっすぐな演技で老若男女、国内外を問わず絶大な人気を集める赤楚さんが、素直でかわいい“子犬系男子”を熱演します。物語が進むにつれ、優が成長し、“脱子犬化“する姿も必見です。赤楚さんが木曜劇場に出演するのは今作が初めてで、フジテレビ制作の連続ドラマにレギュラー出演するのも初めて。江口さんとは初共演です。

本作の主人公・氷河衛は、電子書籍を手がけるベンチャー企業『スリースターブックス』の代表取締役CEO。裕福な家に生まれ、これまでの人生においてお金に困ったことは一度もありません。「お金があれば何事も解決できる」と考え、より多くの利益を出すため、せわしなく働く日々を送っています。その年を代表する女性起業家に贈られる”プラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー”を受賞するなど社会的に評価されている衛ですが、幼少期に両親を亡くしたさみしさや悲しみから心を閉ざし、お金はあるけれど愛に飢えた人生を過ごしてきました。

友人もなく孤独な衛が唯一心を許した相手が、大学時代に出会った一ノ瀬亮(いちのせ・りょう)で、彼と二人三脚で立ち上げ成長させてきた『スリースターブックス』は、衛にとってまさに人生そのもの。しかし、会社をより大きくするため奔走する衛の前に、会社の経営を揺るがすような危機が次々と訪れることとなるのです。

周囲に弱みを見せることなく、孤高の女社長として社会で闘い続けてきた衛が衝撃的な出会いを果たすのが、『スリースターブックス』のインターンに応募してきた一回り年下の専門学生・春野優。両親と妹の4人家族で愛情にあふれた家庭で育ったのですが、長年、実家の経営状況は厳しく、手に職をつけるために東京の専門学校へ入学。アルバイト代をやりくりしてなんとか生活している状態。

そんな時『スリースターブックス』が学歴不問のインターンを募集することを知り、人生を変えるために意を決して応募します。確固たる意志と行動力を持ち合わせていて、時に大胆な行動をとって衛を驚かせることも。 どうして衛にこんなにもついて行くのか?その理由は物語が進むにつれて明らかになっていきます…。優のかわいらしい笑顔や人なつっこさが、仕事に忙殺され「氷」のように凍(い)てついた衛の心に、「春」のような暖かさを与えていくことになるのです。

お金はあっても愛に飢えた孤独な女社長と、愛はあってもお金がない貧乏専門学生という真逆の2人が出会い、会社に襲いかかる困難を次々と乗り越えて前へと進んでいく姿は、苦境が続く現代社会を生きる全ての人を元気づけること間違いなし!

まるでジェットコースターのように、毎分、毎秒でめまぐるしく変化していく登場人物たちの心情と、原作のない完全オリジナルドラマだからこその予測不能かつスリリングなストーリー展開をお見逃し無く!衛と優を取り囲む『スリースターブックス』の社員やインターン仲間にも、今後ブレークが期待される若手から国民的スターまで、個性豊かな俳優陣が顔をそろえます。

コメント

江口のりこさん
出演が決まったときは、まずは体力や体調に気をつけなきゃな、と思いました。そして台本を読んでみて、1話からスピーディーな展開で、“その先を早く読みたい!”と、ワクワクしました。まったくのオリジナル作品なので、どうやって面白くしていくのかをチームのみんなで探せて行けたらなと思います。共演の赤楚さんは柔らかい雰囲気の方なので、リラックスしてお話が出来そうだなぁ、とホッとしました。きっと面白いドラマになると思います。是非ご覧になってください。よろしくお願いします。

赤楚衛二さん
今までに取り組んだことのない題材と役柄で、新しい挑戦ができることが楽しみですし、木曜劇場にレギュラー出演させていただけて、とても光栄に思います。台本を読んでみて、困難に直面し、目まぐるしい環境の変化の中でも、氷河衛をはじめとした登場人物たちが日々を一生懸命生きる姿に力強さを感じました。

江口さんはドラマや映画で拝見し存じ上げていたのですが、このたび撮影で初めてお会いし、凜とした佇(たたず)まいで、かっこいい方だと思いました。 今回僕が演じる春野優からは、世の中に対して不公平さを感じるものの、“自分の人生は自分のものだから光をつかみたい”という気概を感じます。若さ故の不器用さもありますが、役と向き合いながら、そういった人間味も表現できるよう心がけていきます。そして月日がたつにつれ、優の人間力や価値観が変化していく過程も丁寧に描いていけたらと思います。

このドラマが、見てくださった皆様の明日の活力になるような作品になれたらうれしいです。今作のテーマである“本当の幸せ”とは何なのか、衛の波乱な半生と共に、一緒に楽しんでいただけたらと思います。

プロデュース 金城綾香(フジテレビ第一制作部)
お金と愛と幸せと、全部あれば良いのですが、そうはいかないのが人生だと思います。江口さんに演じていただく衛は、凛としたクールな佇(たたず)まいがある女性で、赤楚さんに演じていただく優は柔らかい温かさのある男性です。

男と女、年齢差、バックボーンの違いなど、正反対の場所にいる二人がどう交わっていくのか、また、これからたくさんの登場人物と二人が交差して物語が進んで行きます。2021年秋、ご覧になった方の心を少しだけでも“リッチ”にできるよう、一同力を尽くして頑張ります。

キャスト

氷河衛
江口のりこ

春野優
赤楚衛二

宮村空
町田啓太

鮫島彩
菅野莉央

豪徳尊
板垣瑞生

鬼頭流星
嘉島陸

高橋みゆ
野々村はなの

春野真子
茅島みずき

東海林達也
矢本悠馬

田中リリカ
志田未来

今吉零子
中村ゆり

一ノ瀬亮
戸次重幸

春野桜
美保純

碇健二
古田新太

島谷聡美
松嶋菜々子
 

スタッフ

主題歌:
『ベテルギウス』優里
(ソニー・ミュージックレーベルズ)

脚 本:
溝井英一デービス
(『監察医朝顔』脚本協力、『癒されたい男』他)

音 楽:
fox capture plan

プロデューサー:

金城綾香
(『監察医 朝顔』シリーズ、『グッド・ドクター』『営業部長 吉良奈津子』『5→9~私に恋したお坊さん~』他)

栗原彩乃
(『監察医 朝顔』スピンオフ 他)

演 出:

三橋利行
(『監察医 朝顔』第2シーズン、『トレース~科捜研の男~』『コンフィデンスマンJP』他)

平野 眞
(『監察医 朝顔』シリーズ、『ショムニ』シリーズ、『HERO』シリーズ 他)

相沢秀幸
(『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』『トレース~科捜研の男~』 他)

阿部雅和
(『監察医 朝顔』シリーズ、『婚活刑事』 他)

制作・著作
フジテレビ 第一制作部

この記事の画像

「「SUPER RICH」第7話レビュー:裏切り者はまさかの”あの人”!?会社存続の危機(※ストーリーネタバレあり)」の画像1 「「SUPER RICH」第7話レビュー:裏切り者はまさかの”あの人”!?会社存続の危機(※ストーリーネタバレあり)」の画像2 「「SUPER RICH」第7話レビュー:裏切り者はまさかの”あの人”!?会社存続の危機(※ストーリーネタバレあり)」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク