音楽イベント『YMO結成40周年記念スペシャル・イベント!Yellow Magic Children ~40年後のYMOの遺伝子~』が、3月14日に東京・新宿文化センター 大ホールで開催される。

【もっと画像を見る(2枚)】

同イベントは、YMOを聴いて育ったアーティストによるトリビュートコンサート。
ゲストがバンドマスターを務める高野寛(Gt,Vo)とYMOにゆかりのあるミュージシャンによるYellow Magic Children Bandと共にYMOのカバーやYMOに影響を受けて作られた楽曲を披露する。

Yellow Magic Children Bandのメンバーは高野に加えて、高田漣(Gt,Vo,etc)、ゴンドウトモヒコ(Hr,Sequence)、沖山優司(Ba)、白根賢一(Dr)、網守将平(Key)。現時点で判明しているゲストには、宮沢和史野宮真貴カジヒデキ坂本美雨が名を連ねる。今後も追加出演者の発表を予定。

チケットの先行販売は12月9日10:00から開始。一般販売は12月23日からスタートする。
新宿区民割引も用意。詳細はホットスタッフ・プロモーションのオフィシャルサイトで確認しよう。

■高野寛のコメント
2018年、YMOの結成から40年が経った。
あの頃小中学生だった僕らは、概ね10+40≒50歳前後になった。
そう、YMOチルドレンは、もう大人になった。

YMOは音楽に限らず、あらゆるメディアを使って様々なアートや思想やユーモアを伝えた。

子は、親の真似をしたがるもの。
それを受け取った少なくない数のチルドレンが、クリエイターになった。
音楽家、映像作家、画家・イラストレーターやデザイナー、編集者や文筆家、俳優や演出家・劇作家、ゲームクリエイターやプログラマーetc…「YMOの遺伝子」を受け取ったクリエイターたちは、この40年間に様々な分野を変え、世界を面白くしてきた。

「Yellow Magic Children~40年後のYMOの遺伝子」は、実際にYMOのメンバーの薫陶を受けたチルドレンを中心としたハウスバンドと、ゲストボーカリストの共演による、結成40年を祝うイベント。
多様なYMOの遺伝子を集めて、一夜限りの花を咲かせます。