なぜマーベルはムスリムの少女をヒーローに?『ミズ・マーベル』誕生の裏側、時代背景を紐解く
拡大する(全6枚)

なぜマーベルはムスリムの少女をヒーローに?『ミズ・マーベル』...の画像はこちら >>



Text by 山元翔一
Text by TPB-Man



「茶色い肌の女の子が世界を救うわけない」。



Disney+で配信中のドラマ『ミズ・マーベル』の主人公、カマラ・カーンは第1話でぽつりとこう口にする。



それもそのはず、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で黒人ヒーロー作品である『ブラックパンサー』が公開されたのが2018年、初の単独女性主演作となった『キャプテン・マーベル』の公開は2019年、初のアジア系ヒーロー作品『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年。



先述の発言は、アベンジャーズオタクで、パキスタン系のイスラム教徒のティーンエイジャーであるカマラにとって、悲しくも受け入れざるを得ない現実に根ざしている。



しかし実際には、カマラは自らの物語を通じてその現実を打ち破り、スーパーヒーローとして活動していくことになる。世界中に巨大なファンダムを持つMCUにおいて、マイノリティーであるムスリムをレプリゼントする『ミズ・マーベル』という物語が描かれる社会的な意義は大きい。



この原作・ドラマの誕生の裏側には、何があったのか? マーベルがイスラムのキャラクターをどう描いてきたかを振り返りつつ、本作の背景を紐解いていく。



ブラックパンサー(1966年初出)やルーク・ケイジ(1972年初出)など、長い歴史と根強い人気を持つアフリカ系キャラクターを擁するマーベル・コミックス社だが、ミズ・マーベルに代表されるムスリムのキャラクターがメジャーな活躍を見せるのは、21世紀に入ってからのこととなる。


この記事の画像

「なぜマーベルはムスリムの少女をヒーローに?『ミズ・マーベル』誕生の裏側、時代背景を紐解く」の画像1 「なぜマーベルはムスリムの少女をヒーローに?『ミズ・マーベル』誕生の裏側、時代背景を紐解く」の画像2 「なぜマーベルはムスリムの少女をヒーローに?『ミズ・マーベル』誕生の裏側、時代背景を紐解く」の画像3 「なぜマーベルはムスリムの少女をヒーローに?『ミズ・マーベル』誕生の裏側、時代背景を紐解く」の画像4
「なぜマーベルはムスリムの少女をヒーローに?『ミズ・マーベル』誕生の裏側、時代背景を紐解く」の画像5 「なぜマーベルはムスリムの少女をヒーローに?『ミズ・マーベル』誕生の裏側、時代背景を紐解く」の画像6