Text by CINRA編集部



映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』が来年7月26日に公開される。



コロナ禍の2020年を舞台にした同作の原作は2021年に出版された眞邊明人による同名ビジネス小説。

総理が急死し、危機に直面した政府がAIによって歴史上の偉人たちを復活させ、徳川家康を総理大臣とした「最強ヒーロー内閣」を作るというあらすじだ。監督は『テルマエ・ロマエ』『翔んで埼玉』などの武内英樹。脚本を徳永友一、音楽をFace 2 fAKEが手掛ける。



主演は浜辺美波。テレビ局の政治部の新人記者として最強内閣のスクープを狙う西村理沙役を演じる。そのほか、坂本龍馬役の赤楚衛二、内閣総理大臣・徳川家康役の野村萬斎らが共演。



【浜辺美波のコメント】
私が演じる西村理沙は、テレビ局の報道記者です。仕事柄、少しだけしたたかな部分もありますが、真っすぐで憎めない女性です。
今作の台本を読んで最高に元気が出たことは、様々な時代の偉人たちが一堂に会すること!
撮影で皆さんにお会いできると思うと、それだけでワクワクします。
それだけではなく、舞台がコロナ禍の日本なので現実世界でもしあったらと身近に思えて、考えさせられる物語にとても惹かれました。また豪華キャストの皆さんが偉人達を演じられるので、その中に参加できることもとても楽しみです。
武内監督とご一緒するのは「女信長」以来なのですが、撮影中は本当にわかりやすく演出していただいています。

作品をつくるときのテンポやリズムにすごく嗅覚がある方で、私自身とても勉強になっています。
「もし徳」は2023年を締めくくる自分へのご褒美のような作品です。役柄と一緒に猪突猛進して、最後までのびのびと楽しく演じていきたいです。



【赤楚衛二のコメント】
坂本龍馬役を演じさせて頂きます赤楚衛二と申します。初めに台本を頂いた時、この時代に現れた偉人達がどう動き現代の人々にどう影響するか、終始ワクワクしながら読ませて頂きました。
読み終えた後に前向きな気持ちになると同時に、強いメッセージ性にも惹かれました。

今回、僕自身坂本龍馬を演じさせて頂くのですが、時代モノも偉人も初めてです。ウィッグとメイクの力をお借りして楽しみたいと思います。公開時期は少々先ですが皆様楽しみにして頂けたら嬉しいです。
まだ撮影中ですので全力で激動の時代を生きた坂本龍馬を演じていけたらと思います。



【野村萬斎のコメント】
撮影は、その国の偉人達が並んでいる蝋人形館が贅沢に動いているような、それくらいドリームな瞬間でワクワクドキドキしました。
オファーをいただいたときは、時代劇と現代が繋がっているシチュエーションが自分にとって理想的な物語で飛びつきましたし、時代劇のオファーをいただくことはありましたが、三英傑の一人である徳川家康は初めてでした。


総理大臣として要に座るわけですが、周りの意見を見聞きしてジャッジしていくというのは少し自分自身の日常と重なる部分もあります。
この作品の魅力は偉人達と現代が繋がっているところ、偉人達がAIによって蘇る発想と、それによってコロナ禍を乗り越えようという着眼点の面白さにあります。
そこに浜辺美波さんが演じられる理沙が絡み、時代劇と現代劇が組み合わさることで物語が大きく飛躍し、エンターテインメントとして深く突き詰めることができるような気がしています。



【武内英樹監督のコメント】
待ってました!家康、龍馬、信長、秀吉、日本人なら誰でも知っている歴史上の英雄、まさに和製アベンジャーズが大暴れ!偉人たちが生み出す化学反応に、私自身も一人の歴史好きとして本当に楽しみながら撮影しています。萬斎さんほか俳優界のドリームチームが真面目に最強内閣を演じれば演じるほど、現代社会と偉人の強烈なミスマッチがシュールでユーモラス‼︎
さらには彼らがどのように日本を変えるのか?
時代を越えて今を生きる日本人に何を伝えてくれるのか?
「楽しくて深い」そんな映画をお届けしたいと思います。



【眞邊明人のコメント】
映像化を意識して執筆した本作がついに映画化、しかも業界でも名高い武内英樹さんが監督と聞き興奮しました。

そして野村萬斎さんが、過去に類を見ない「器の大きい」家康を演じてくださるのではないかと今から楽しみです。
本作では、浜辺美波さんと赤楚衛二さんが現代と英傑とをつなぐ役割を担いますが、そこには現代を生きる我々が、どう歴史をつくっていくのかというメッセージが込められています。
今を代表する若いお二人の才能が、それを最高の形で届けてくれるはずです。
本作に多くの方が熱狂してくださると嬉しいですし、私自身一観客として、この映画で熱狂したい。
それが閉塞感に満ちた社会や政治を変えていく原動力になればと思います。