ナビットは3月8日、「給食について」のアンケート調査の結果を発表した。調査は2月、20代~80代の男女1,000人を対象にWebアンケートで行われた。


「今までに給食を食べたことはありますか?」という質問については、「ある」が97.5%と、9割以上の人が給食を食べたことがあると分かった。

「給食は好きでしたか?(または好きですか?)」という質問については、「好き」が30.3%、「どちらかというと好き」が41.5%という結果になり、合わせると71.8%の人が給食を好きだったことが分かった。

「いつ給食がありましたか?」という質問を複数回答可で行ったところ、「小学校」が957人、「中学校」が523人、「幼稚園・保育園」が243人という順になった。

「もう一度食べたいと思う給食メニューは何ですか?」という質問を複数回答可で行ったところ、「揚げパン」が431人、「スパゲッティ・ソフトめん」が354人、「クジラの竜田揚げ」が256人という順になった。

給食の思い出をフリー回答で実施したところ、「揚げパンは揚げパンでもココアパウダーのまぶしてあるココアパンでした。大好きで、最近売っているパン屋さんを探して買いに行きました」「無理矢理食べさせられて、不登校になった」「当時は食べるのが遅かったので、掃除の時間になっても完食できなかったことが嫌だった」「担任の先生が、余ったご飯で塩おにぎりを作ってくれてそれがすごい美味しくて、おにぎり争奪じゃんけん大会をやっていて楽しかった」など、様々な思い出が寄せられた。
「あまったおかずのじゃんけん」や、「時間内に食べきれなかった」「美味しかった」「美味しくなかった」というエピソードもたくさんの人が回答していた。