映画『邪魚隊/ジャッコタイ』(5月31日公開)の完成披露舞台挨拶が21日に都内で行われ、佐藤流司、阿久津仁愛、橋本祥平小柳心廣瀬智紀、輝馬、玉城裕規石井一彰、兼﨑涼介監督が登場した。

同作は映画と舞台を展開する【東映ムビ×ステ】第6弾で、同プロジェクト初のミュージカル時代劇。
どこか抜けている個性豊かな死刑囚4人(佐藤、橋本、小柳、廣瀬)が、死罪免除を条件に、将軍おかかえの使い捨て特殊部隊「邪魚隊」として働かされる。そこへ彼らと正反対の堅物な田舎武士(阿久津)が巻き込まれ、寄せ集めの凸凹チームが将軍の命で「人食い鬼」退治に挑む。
○■映画『邪魚隊/ジャッコタイ』完成披露舞台挨拶に佐藤流司ら登場

主演の佐藤は「感無量ですね。ここまで来たんだなって思いました」と感極まった様子を見せ、小柳から「どのテンション?」とツッコまれる。途中入場する観客もいたが、小柳が「遅れて入ってきた人、ゆっくり! またなんだったら最初からやります」と声をかけると、佐藤が「感無量です……」と冒頭の様子を再現し会場を笑わせていた。

今回はミュージカル時代劇とのことで、佐藤は「最後に戦うシーンがあるんですけど、そこがけっこう難航しましたね。
お芝居の中に歌が入っているみたいなニュアンスなので、『みんな、どうする?』みたいな感じで話し合ったのを覚えてます」と振り返る。小柳は「踊ったりもしたんですけど、振りをいただいて『覚えられますか?』と言われて、佐藤先生は『覚えられます』と言われて。我々2人は『覚えられません! どこかレッスン場はありませんか?』と」と、深夜に練習したという。廣瀬は「撮影と振りが同時進行だったので、その中で練習させていただいて、なんとか佐藤先生に間に合うことができたのかなと。大丈夫でしたか? 我々は」と尋ね、佐藤は「かっこよかったです」と太鼓判。橋本は「最後のシーンのミュージカルパートはみんなで一生懸命考えましたし、同じ曲でも最初の華やかなパートを楽しく拝見させていただきました」と語った。


舞台にも出演する輝馬は「舞台ですごいことをやると思います。僕もわかんないですけど楽しみにしていてください」とアピール。殺陣のシーンについては佐藤が「すごいスピードで動くんですよ。玉城くんもめちゃくちゃ速いし、仁愛もばっちり一緒のスピードで動いているんですけど、玉城くんの振りの入るスピードがやばくて。俺も結構速い方だったんですけど、先に振りが入っていて、振り稽古についていく方が大変でした」と明かす。阿久津も「遅れたら死ぬと思ったので、練習の時からずっとびくびくしてました」と苦笑し、玉城は「舞台と違ってリアルに刀の位置とかが近かったりもするので、結構しびれて。
すごい素敵な時間だったな。あの空間の中でのガチでの立ち回りは楽しかったです」と語った。

撮影は京都の東映撮影所で行われたが、ドラマ『科捜研の女』シリーズに出演する石井は「8年くらい通っているので、スタッフの皆さんや監督もよく知ってる方ばかりで。安心感はあったんですけど、普段ほとんどスーツを着て京都の撮影所をぶらぶらしているので、あの衣装を着て歩いていたりすると、気心が知れたスタッフのみんなに『おはようございます』と言っても俺だってわからない。誰にも気づかれなくて。これ、盛ってるんじゃなくて」と、派手な装いで気づかれなかったという。


また、兼崎監督は「1人に質問したらみんなで考えるということをやってくれて、この人たち、勝手に雰囲気作ってくれるなと。ほっといたら楽しそうにしていて、お芝居に対して真摯に向き合ってるから楽しそうというのが見てて心地よかったです」とキャスト陣を絶賛。作品は8~9月の舞台に続くが、佐藤は「さっき、キャストの方を少し聞いたんです。『これはすごいことになるな』と思いました」と未発表キャストについて触れる。小柳が「キャスト!? 聞いた!?」と驚くと、廣瀬が「聞いたよ!」と得意気にし、小柳は「何で、俺だけが(聞いてない)!?」と焦った様子を見せていた。