俳優の草なぎ剛が主演を務める映画『碁盤斬り』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が29日、都内で行われ、草なぎ、ひこにゃん、立川談慶、藤沢里菜が登壇した。

本作は、ある冤罪事件によって娘と引き裂かれた男が、武士としての誇りを賭け仇討ちに挑むリベンジ・エンタテイメント。
冤罪に貶められた浪人・柳田格之進を草なぎ剛、格之進の一人娘・お絹を清原果耶が演じた。

この日の舞台挨拶には、主人公・格之進の故郷であり映画の重要なキーとなる彦根藩からスペシャルゲストとしてひこにゃんが駆け付け、草なぎは「ようこそ、ひこにゃん! ひこにゃん会いたかったよ!」と喜んだ。

そして、「今回の撮影でも彦根城を使わせていただいてありがとうございます」とお礼し、「ひこにゃん彦根城にいなかったね。なんで!?」と質問。「ちょっとフレンチブルドッグみたいな顔しているよね。ここらへんのフォルムがうちのクルミちゃんに似ている」と愛犬クルミと重ねて愛おしそうにしていた。


また、「映画見てくれたそうですよ!『つよぽんが最高だった』って」とひこにゃんの通訳もして盛り上げた草なぎ。「ひこにゃん碁盤っぽい。碁石をつけている!」と言ってひこにゃんの鼻をいじる場面も。最後の挨拶でも「ひこにゃんの鼻は碁石」と強調し、ひこにゃんになりきって「僕の鼻は碁石じゃないにゃ~!」と話して笑いを誘っていた。